MVNO

LINEモバイルがAmazonでお得な990円からのエントリーパッケージを販売!契約手数料無料!

LINEモバイルがAmazonで990円からのエントリーパッケージを販売!契約手数料無料!

格安SIMのLINEモバイルが、9月22日からAmazonで、専用エントリーパッケージを販売開始しました

AmazonでLINEモバイルの専用エントリーパッケージが990円にて販売

LINEモバイルがAmazonで990円からのエントリーパッケージを販売!契約手数料無料!

(C)Amazon

LINEモバイルが、本日、11月22日からAmazonにて専用エントリーパッケージを販売開始しました。

取扱いは、SMS付のデータ通信SIMと音声通話付SIMの2種類となり、価格はどちらも990円となります。

このパッケージでは、通常必要となる契約手数料、3,240円が無料となります。

使用開始までの流れ

AmazonでLINEモバイルの専用エントリーパッケージを購入した場合の使用開始までの流れは以下のようになります。

  1. Amazonで専用エントリーパッケージを購入
  2. パッケージ到着後、LINEモバイル公式サイトにて料金プラン、SIMカードのサイズ選択などをし、申し込み
  3. SIMカードが自宅に届く

という流れになります。

公式サイトから購入することに比べ、Amazonで一度購入する必要があるので、若干手間かもしれませんが、「ちょっと試してみたい」という場合には、契約手数料が無料となるため、気軽に試すことができますね。

もちろん、990円で使えるわけではありませんが、3,240円の契約手数料を考えると安いのではないでしょうか。

ただ、この専用エントリーパッケージの注意点として、

「有効期限が設定されており、期限をすぎると申し込み不可となる」

という点です(有効期限は不明です)。

また、複数回線を申し込む場合は、回線分のパッケージを購入する必要があります。

LINEモバイル Amazon専用エントリーパッケージ

LINEモバイルの特徴

LINEモバイルの特徴

(C)LINEモバイル

LINEモバイルは、LINEグループなので、LINEの通信量がカウントフリーなのは当然ですが、LINEだけでなく、Twitter、Facebook、Instagramもカウントフリーとなるプランがあることです。

その他、毎月の利用料金の1%のLINEポイントが貯まるので、貯まったLINEポイントでLINEスタンプなどの購入もできます。

LINE、Twitter、Facebook、Instagramがカウントフリーというのは、スマホの使用がSNS中心の人にはとても嬉しいですよね。

ちなみに、通信量は、LINEカウントフリーのみだと1GB〜、LINE、Twitter、Facebook、InstagramといったSNSがカウントフリーとなる、コミュニケーションフリーは3GB〜となっています。

回線はドコモの回線となります。

LINEモバイルでおすすめのスマホ

SIMカードを購入すると同時に、スマホも欲しいという場合、LINEモバイルで格安スマホを購入するのもおすすめです。

Zenfone3やarrows M03など今年の人気スマホもありますが、現在はBlade V7liteとHuawei P9 Liteがセールとなっていて、お買い得となっています。

Blade V7liteのスペック

Blade V7liteのスペック

(C)LINEモバイル

Blade V7liteのスペックは、以下のようになっています。

ディスプレイ5.0インチ 1,280×720ピクセル IPS
本体サイズ約143.8×70.2×7.9 mm
重さ135g
OSAndroid6.0 Marshmallow
CPUMTK6735P クアッドコア 1.0GHz
メモリ2GB
容量16GB
バッテリー2,500mAh
カメラ800万画素/800万画素
その他MicroSDカード対応(最大128GB)、指紋認証センサー、デュアルSIM(nano SIM + Micro SD or nano SIM)
SIMカードサイズNano SIM
価格22,800円→19,800円

ポイントは、エントリーモデルながら、指紋認証センサーがついている点です。

エントリーモデルでは指紋認証がないことが多いので、これは良いですね。

気をつけたいのは、"デュアルSIM" となっていますが、DSDS対応ではなく、国内で使用できるのは、1スロットのみ、という点です。

ただ、定価が22,800円で、セール価格が19,800円なので、それほどのお買い得感は正直ありません。

Huawei P9 Liteのスペック

Huawei P9 Liteのスペック

(C)LINEモバイル

Huawei P9 Liteのスペックは以下の通りです。

ディスプレイ5.2インチ1920×1080ピクセル FHD
本体サイズ146.8×72.6×7.5mm
重さ147g
OSAndroid6.0
CPUKirin650 オクタコア (4×2.0GHz+4x1.7GHz)
メモリ2GB
容量16GB
バッテリー3,000mAh
カメラ1300万画素/800万画素
その他MicroSDカード対応(最大128GB)、指紋認証センサー、デュアルSIM(nano SIM×2)
SIMカードサイズNano SIM
価格28,800円→19,800円

Huawei P9 Liteもエントリーモデルですが、Blade V7liteに比べると全体的にスペックが若干上となっています。

ただ、Huawei P9 LiteもデュアルSIMではありますが、DSDS対応ではありません。

価格も、定価が28,800円のところ、18,800円なので、こちらの方がお買い得感があります。

ジャイロセンサーはついていませんので、ポケモンGOの世界感をそのままに楽しむことはできませんが、一応ポケモンGO対応にはなっています。

メールやSNS、通話などといった使い方であれば十分だと思います。

LINEモバイル

sauce:LINEモバイルAmazon





  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yuna

スマホ好きが高じてスマホサイトを立ち上げました。 日頃は得意の英語を生かして海外のスマホネタもチェックしています。

よく読まれている記事

これは即アンインストール!Androidの危険アプリ一覧! 1

Androidスマホは危険なアプリが多いって本当? なんでそんなに危険アプリが多いの? 危険アプリが多かったらどうしたらいいの? 格安スマホが多くなったために、Androidユーザーが一気に増えました ...

Androidの危険アプリの見分け方!これでバッチリ! 2

スマホに欠かせないのがアプリ。 アプリを探していて、「このアプリいいな」と思っても安全なアプリなのかわからなかったりする時があります。 そんな時に、「このアプリは大丈夫かな?」と心配になりことってあり ...

【2020年】スマホのおすすめの冷却グッズ5選! 3

スマホを使っている時、または充電をしている時にスマホが熱い!と思ったことはありませんか? スマホが熱をもつことは多々ありますが、これから夏を迎え外気が暑くなってくるとスマホは余計に熱くなってきます。 ...

安心して購入できるおすすめ白ロム販売店7選!ここなら間違いナシ! 4

  もしそう悩んでいるのなら、中古スマホ(白ロム)で解決することができます。   はてな 中古スマホって怖くない? 怪しいアプリとか仕掛けられてるんじゃない? 白ロムという言葉も聞 ...

-MVNO
-, ,