iPhone6s/6s Plus

AppleがiPhone6sの突然落ちる不具合の修理プログラムを開始!

AppleがiPhone6sの突然落ちる不具合の修理プログラムを開始

AppleのiPhone6sで、突然落ちてしまう(シャットダウン)不具合に対する修理プログラムを実施すると、Appleが発表しました。

iPhone6sのシャットダウン不具合修理プログラム

iPhone6sで、バッテリーが十分あるにも関わらず電源が突然落ちてしまう(シャットダウン)不具合は発売直後から声が上がっていました。

それに対して、当初はiOSの不具合ではないか、など言われていましたが、iOSがアップデートしても変わらずに不具合は解消されないままでした。

その不具合に対して本日、AppleはiPhone6sのシャットダウン不具合修理プログラム対応することを発表しました。

AppleがiPhone6sの突然落ちる不具合の修理プログラムを開始

(C)Apple

しかし、このシャットダウン不具合修理プログラムは全てのiPhone6sではなく、2015年9〜10月に製造されたiPhone6sのみが対象となります。

修理自体は、バッテリー交換ということですが、その作業をできないような故障(液晶割れなど)がある場合は、その故障修理後でないと適用とならないそうです。

該当ユーザーは、Apple StoreかApple正規サービスプロバイダに持ち込むことで修理対応して貰えますが、かなり限られた端末のみとなるため、シリアルナンバーでの確認が行われるようです。

もし、手持ちのiPhone6sが突然落ちる不具合を抱えており、2015年9〜10月に製造されたと思われる場合は一度Apple StoreやApple正規サービスプロバイダに持ち込むと良いかもしれません。

修理に出す場合は、必ずiTunesでバックアップを取ってからにしましょう。

また、Appleのサイトを見ると、Appleテクニカルサポートでも対応しているようなので、Apple StoreやApple正規サービスプロバイダが遠い方はAppleテクニカルサポートに問い合わせてみると良いと思います。

ただ、修理対象となる機種があまりにも限定されているため、できればAppleのサイトで手持ちのiPhone6sが対象となるかどうか確認できれば良いのですが、それはないようですね。

忙しいユーザーはサイトで確認できるとありがたいのですが...。

Appleとしても、先日、iPhone6 Plusのタッチ病修理プログラムも発表しているので、ユーザーから該当するか問い合わせが増えると思うのでサイトで確認できた方が良いと思うのですが。

このiPhone6sのシャットダウン不具合修理プログラムに関しては、下記Apple公式サイトにて確認できますが、現在英語のみとなっています。

iPhone6s シャットダウン不具合修理プログラム

sauce:Apple9to5Mac

 

 




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yuna

スマホ好きが高じてスマホサイトを立ち上げました。 日頃は得意の英語を生かして海外のスマホネタもチェックしています。

よく読まれている記事

これは即アンインストール!Androidの危険アプリ一覧! 1

Androidスマホは危険なアプリが多いって本当? なんでそんなに危険アプリが多いの? 危険アプリが多かったらどうしたらいいの? 格安スマホが多くなったために、Androidユーザーが一気に増えました ...

Androidの危険アプリの見分け方!これでバッチリ! 2

スマホに欠かせないのがアプリ。 アプリを探していて、「このアプリいいな」と思っても安全なアプリなのかわからなかったりする時があります。 そんな時に、「このアプリは大丈夫かな?」と心配になりことってあり ...

【2020年】スマホのおすすめの冷却グッズ5選! 3

スマホを使っている時、または充電をしている時にスマホが熱い!と思ったことはありませんか? スマホが熱をもつことは多々ありますが、これから夏を迎え外気が暑くなってくるとスマホは余計に熱くなってきます。 ...

安心して購入できるおすすめ白ロム販売店7選!ここなら間違いナシ! 4

  もしそう悩んでいるのなら、中古スマホ(白ロム)で解決することができます。   はてな 中古スマホって怖くない? 怪しいアプリとか仕掛けられてるんじゃない? 白ロムという言葉も聞 ...

-iPhone6s/6s Plus
-, , ,