au

auが2016年秋冬モデルとしてXperia XZとLG V20の日本版Isai Beatを発表!

auが2016年秋冬モデルの第一弾としてXperia XZとLG V20の日本版Isai Beatを発表!

ソフトバンクに続き、auが2016年秋冬モデルの第一弾として、Xperia XZとIsai Beatを発表しました。

au2016年秋冬モデル発表

先日、ソフトバンクが2016-2017年冬春モデルを発表し、明日19日にはドコモが2016-2017年冬春モデルを発表します。

ドコモの2016-2017冬春モデル発表に先駆け、auが2016年秋冬モデルを発表しました。

発表されたのは、ソニーのフラッグシップモデル・Xperia XZとLGのIsai Beatの2機種です。

Xperia XZ

auが2016年冬モデルとしてXperia XZを発表!

(C)au KDDI

Xperia XZのスペックは下記となります。

ディスプレイ5.2インチ 1080×1980ピクセル FHDディスプレイ
本体サイズ146 x 72 x 8.1 mm
重さ161g
CPUSnapdragon820 クアッドコア
GPUAdreno530
メモリ3GB
容量32GB(シングルSIM)/64GB(デュアルSIM)MicroSDで256GBまで拡張可能
カメラ2300万画素(トリプルイメージセンサー)/1300万画素
バッテリー2,900mAh(クイックチャージ対応)
防水・防塵○(IP68)
セキュリティ指紋認証
カラーバリエーションミネラルブラック、プラチナ、フォレストブルー、ディープピンク
発売2016年11月上旬以降

ソフトバンク同様、地域限定色のディープピンクもあります。

今や、フラッグシップモデルでは当然となった感のあるハイレゾに対応しているのはもちろんですが、Xperia XZはCDやMP3などの圧縮音源をハイレゾ音源相当に変換する機能として、"DSEE HX" を搭載しています。

普通は、ハイレゾ音源がないと、圧縮された音源はそのままでしか聴くことができませんが、その圧縮音源をハイレゾ相当に変換する、ってすごいですね。

これなら、「ハイレゾ音源がないから、ハイレゾ搭載なんて意味がない」ということはありませんね。

例えハイレゾには負けても、元の圧縮音源より良い音で聴けるのは、音楽好きには嬉しいですね。さすが、オーディオに強いソニーと言えますね。

また、日本発売ということでおサイフケータイ機能も搭載されています。

Isai Beat

auが2016年冬モデルとしてIsai Beatを発表!

(C)au KDDI

Isai Beatという名称ですが、Isai Beatの商品ページを見ると、LG V34となっています。「LG V34?」と聞いたことのないモデル名だな、と思ったら、このLG V34というのは、LG V20の日本バージョンだそうです。

それでは、Isai Beatのスペックを見てみましょう。

ディスプレイ5.2インチ2,560×1,440ピクセル WQHDディスプレイ
本体サイズ約72 × 149 × 8.0mm
重さ約146g
CPUSnapdragon820 デュアルコア
メモリ4GB
容量32GB MicroSDXCで256GBまで拡張可能
カメラ1600万画素/500万画素
バッテリー3,000mAh(クイックチャージ対応)
防水・防塵防水IPX5/IPX7、防塵IP6X
カラーバリエーションチタン、ゴールド
発売2016年11月中旬以降

元となるLG V20と比べるとディスプレイサイズが小さくなり、容量も32GBと少し少なめとなっていますが、これはあくまでも、LG V20の亜種となるので、当然ですね。

Isai Beatは、オーディオにこだわり、デンマークの「B&O PLAY」が創ったサウンドを採用し、ナチュラルでバランスがとれ、洗練された音質を実現する、とのことです。

また、スマホで音楽を聴く際に、イヤホンやヘッドホンを使用しますが、Isai Beatは、接続するイヤホンやヘッドホンにあわせて音声出力を自動で最適化し、左右の音量バランスと言った細かい設定ができるそうです。

カメラも人間の視野角120°を超える135°の広角レンズを搭載。この視野角135°はメインカメラのみですが、フロントサブカメラでも視野角120°となっています。

F値1.8でデュアルフラッシュ搭載。もちろん、手ぶれ補正機能も搭載されています。

そして、元となるのがLG V20ということで、気になるのは、LG V20の売りであるセカンドディスプレイがどうなるのか、ということですが、Isai Beatもセカンドディスプレイ搭載となっています。

Isai Beatもおサイフケータイが搭載となっています。

本家のLG V20は5.7インチとかなり大きめですが、Isai Beatは5.2インチと大きすぎず持ちやすい大きさなので、いいですね。

Xperia XZ、Isai Beatともに発売が楽しみですね。

sauce:auKDDIソニーPhone Arena

今回の記事に関連する記事:

Xperia XZとXperia X Compactが発表!国内でも秋以降発売!スペックまとめ!

LGがセカンドディスプレイを搭載したLG V20を正式発表!スペックまとめ!

 




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yuna

スマホ好きが高じてスマホサイトを立ち上げました。 日頃は得意の英語を生かして海外のスマホネタもチェックしています。

よく読まれている記事

これは即アンインストール!Androidの危険アプリ一覧! 1

Androidスマホは危険なアプリが多いって本当? なんでそんなに危険アプリが多いの? 危険アプリが多かったらどうしたらいいの? 格安スマホが多くなったために、Androidユーザーが一気に増えました ...

Androidの危険アプリの見分け方!これでバッチリ! 2

スマホに欠かせないのがアプリ。 アプリを探していて、「このアプリいいな」と思っても安全なアプリなのかわからなかったりする時があります。 そんな時に、「このアプリは大丈夫かな?」と心配になりことってあり ...

【2020年】スマホのおすすめの冷却グッズ5選! 3

スマホを使っている時、または充電をしている時にスマホが熱い!と思ったことはありませんか? スマホが熱をもつことは多々ありますが、これから夏を迎え外気が暑くなってくるとスマホは余計に熱くなってきます。 ...

安心して購入できるおすすめ白ロム販売店7選!ここなら間違いナシ! 4

  もしそう悩んでいるのなら、中古スマホ(白ロム)で解決することができます。   はてな 中古スマホって怖くない? 怪しいアプリとか仕掛けられてるんじゃない? 白ロムという言葉も聞 ...

-au
-, , , ,