白ロム

白ロム(中古端末)購入時にチェックする注意点

白ロム注意点

格安SIMの台頭に伴い白ロムを購入する人や、購入を考えている人も多いのではないでしょうか。

しかし、白ロムとは中古端末。運が良ければ新古品もありますが、中古品の方が多いと思います。

そのように状態もピンきりですが、自分の目で見て確認できません。

なので、白ロムを購入する際には十分注意したいものです。

スポンサードリンク

そもそも白ロムとは

白ロムを徹底解説!白ロムって何?危険なの?赤ロムや黒ロムとは?
白ロム?赤ロムや黒ロム?白ロムって危険なの?赤ロム黒ロムとの違い

スマホが急に壊れた時、格安SIMで使うスマホが欲しい時、中古スマホを買うという選択肢があります。 筆者は、欲しいスマホがキャリアで売り切れだった時、急に必要となった時に中古スマホを実際に購入したことが ...

白ロムとは、ドコモやau、ソフトバンクと言った大手キャリアの中古スマホからSIMカードを抜いたスマホのことを言います。

しかし中には盗難品や分割料金を払わないといったスマホもあり、そういったスマホは使用できないようにキャリア側がネットワーク利用制限をかけます。

こうなってしまった中古スマホを赤ロムと言います。

ネットワーク利用制限がかかっているかどうかは、スマホのIMEIがわかれば自分でインターネット上で調べることができます。

また、白ロム販売店ではIMEIを記載せずに、「判定:○」などと記載してある場合が多くあります。

ドコモのネットワーク利用制限確認

auのネットワーク利用制限確認

ソフトバンクのネットワーク利用制限確認

白ロムと格安スマホの違い

白ロム注意点

白ロムがどんなものかわかった。

じゃあ、白ロムと確認スマホはどう違うの?と思いますよね。

白ロムとは先程お話したように、大手キャリアのSIMカードを抜いた中古スマホのことを指すと言いました。

それに対して格安スマホは、SIMフリーのスマホのことを言います。

白ロムはSIMロック解除をしない限り、その白ロムを購入したキャリアでいしか使用できません。

ですが、SIMフリースマホは、キャリアに問われずにどこのSIMカードでも自由に使えます。

白ロムを購入する場所

では、どんなところで白ロムは売られているのでしょうか。

  • ネットオークション
  • フリマアプリ
  • 中古スマホ販売店
  • ネットショップ

この4ヶ所で購入することができます。

価格で言うとネットオークションやフリマアプリと言った個人売っているところの方が中古販売店より価格が安いです。

しかし、先程お話したように、白ロムは赤ロムになることもありえます。

そうなった時の保証はネットオークションやフリマアプリと言った個人販売だとありません。

泣き寝入りになってしまうのですね。

それに対し、中古スマホ販売店や販売店が運用するネットショップは価格は少し高いけれど、補償などがあるので心配がありません。

おすすめの中古販売店はこちらでまとめてあります。

安心して購入できるおすすめ白ロム販売店7選!ここなら間違いナシ!
絶対安心!おすすめ白ロム(中古スマホ)販売店7選!

今使っているスマホを全損してしまった 今使っている機種が使いづらい 欲しい機種があるけれど、販売が終わってしまっている もしそう悩んでいるのなら、中古スマホ(白ロム)で解決することができます。 中古ス ...

白ロムを購入する際に注意すること

  • SIMロック解除済であること
  • ネットワーク利用制限の確認
  • SIMサイズの確認
  • 通信バンドの確認
  • バッテリーの消耗を考慮する

上記を忘れずにチェックすることをおすすめします。

意外と忘れがちなのがSIMロック解除とSIMサイズ、バッテリーの消耗です。

SIMロック解除がなぜ必要なのかと言うと、格安SIM(MVNO)で動作できないということがあるからです。

例えば、ドコモで購入した白ロムは、ドコモでは使用できるけれどドコモ系の格安SIMでは動作しないということがあります。

その白ロムが使いたい格安SIMで動作するかどうかは、格安SIMの動作確認を必ずチェックするようにしましょう。

次にSIMサイズの確認です。

SIMサイズには3種類あるので、自分が現在使っているSIMが使える、または白ロムに合わせてSIMサイズを指定することになります。

ここをチェックしないと、SIMカードが合わない!ということになりかねません。

最後にバッテリーの消耗です。

これは中古スマホ販売店でも情報は載せません。

バッテリーは一年程度では問題ないと思いますが、二年以上前に発売された機種であれば注意が必要です。

特にバッテリー取外し不可能なスマホが多いのでバッテリー消耗が激しいとバッテリー交換に出すことになりますが、Androidの場合はそういったお店も少ないです。

それに対し、iPhoneはバッテリー消耗があっても、Appleストア・正規修理店は多いのでiPhoneの場合はバッテリー消耗が気にしなくてもいいと思います。

まとめ:白ロムを購入する際の注意点

白ロムは注意点もありますが、とても魅力的な存在です。

上記の点に注意して、楽しい白ロムライフをお送り下さい。




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yuna

スマホ好きが高じてスマホサイトを立ち上げました。 常にiPhoneとAndroidの2台持ち(現在はAndroid2台の3台持ち)。 日頃は得意の英語を生かして海外のスマホネタもチェックしています。

-白ロム
-

© 2022 スマホおすすめ情報館