格安SIM

格安SIMにSMSは必要?SMSをつける5つの理由

格安SIMにSMSは必要?SMSをつける5つの理由

格安SIMに移ろうと思ってプランを見たら、データ通信SIMで「SMS機能付」という文字を見かけたことはありませんか?

キャリアを使っているとそういうことを考えずに使っているので、この文字に違和感を感じる人も多いのではないでしょうか。

格安SIMを契約するにあたり、SMS(ショートメッセージ)をつけるべきかどうか悩むと思います。

結論からいうと格安SIMを契約するならSMS付にすることをおすすめします。

スポンサードリンク

格安SIMにSMS付を選ぶ理由

格安SIMに移る理由として、「月々の利用料金を抑えるため」というのが一番多い理由ではないでしょうか。

しかし、SMS付のデータ通信SIMにするとSMSなしと比べた場合、150円前後高くなります。

メールもあるし、「LINEもあるからSMSなんて必要ないんじゃない?」と思うかもしれませんが、なにかと必要とされるSMSなのでつけておくことをおすすめします。

SMSなしで契約していて後からSMSだけを契約をすることはできないので、最初にSMS付にしましょう。

なお、SMSがついているのは、SMS付データ通信か音声通話付の2つとなります。

なので、音声通話付のコースを選んだ場合は自動的にSMSがついてくるので問題ありません。

SMS付のメリット

格安SIMにSMSは必要?SMSをつける5つの理由

それではSMS付にした場合のメリットをみてみましょう

SMSが送れる

単純にSMS(ショートメッセージ)の送受信ができます。

メールではメールアドレスを知らないと送れませんし、SNSのメッセージではIDを知らないと送れません。

そもそも、相手がガラケーなどの場合はLINEなどのメッセージアプリを使用できませんよね。

でも、SMSであれば電話番号を利用して送受信できます。

LINEやSNSのSMS認証ができる

  • Yahoo JAPAN ID
  • Twitter
  • Instagram
  • LINE
  • Googleのサービス
  • メルカリ

上記のサービスではSMS認証を取り入れており、その他にもSMS認証を取り入れているサービスは数多くあります。

これらのサービスを使用している人はSMS付が必須です。

スポンサードリンク

バッテリー消費が抑えられる

SMS認証のないデータSIMカードを入れると、通信可能になのにスマホ側で圏外と表示されてしまうアンテナピクト問題があります。

もう一つアンテナを探すために、セルフスタンバイ問題があります。

この2つの問題は、SMS付データSIMまたは音声通話付SIMであれば問題ありません。

LTE問題を回避できる

iPhoneではSMS機能がないとLTEを上手く掴んでくれない、または掴んでくれないことがあります。

なのでiPhoneで格安SIMを使う場合は、SMS付データSIMもしくは音声通話付SIMを選ぶようにしましょう。

現在ではLTEが普及しているので、LTEを捕まえないと不便がありますし、3G通信になってしまったりします。

こういったことを防ぐためにもSMS付SIMを使うことをおすすめします。

位置情報がうまくいく

スマホで地図アプリ等を使うのが位置情報のGPS機能があります。

現在地を掴むために、基地局情報などを元にして現在地がどこかを特定し地図の表示をしてくれます。

しかし、SMSがついていないSIMカードではこの基地局の情報をうまく得られないため位置情報の確認に時間がかかります。

SMSのデメリット

格安SIMにSMSは必要?SMSをつける5つの理由

SMS付SIMカードのメリットをご紹介しましたが、今度はデメリットをご紹介します。

若干月々の利用料金があがる

SMSなしのデータ通信SIMとSMS付SIMカードの価格を比べてみると、100円〜200円程度高くなります。

便利な分利用料がかかります。

SMS送信時は有料となる

メールやLINEなどのメッセージはパケットなので気になりませんが、SMSは送信料が別途かかります。

なのでデータ通信量は減らずに別途通信量がかかることを気にしておきましょう。

まとめ

格安SIMではSMSはオプションとなるため、SMSなしの料金と比べると若干ですが高くなります。

「高くなるなら、後でつければいいのでは」と思うかもしれませんが、SMS付データ通信に変更するには一度解約をしてから再契約をする必要があります。

そうなると手間がかかりますし、事務手数料を再度払わなければいけません。

事務手数料は3,000はかかりますし、自分で設定を再度行うので時間もかかります。

そう考えると最初からSMS付のデータ通信SIMで契約しておくことをおすすめします。




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yuna

スマホ好きが高じてスマホサイトを立ち上げました。 常にiPhoneとAndroidの2台持ち(現在はAndroid2台の3台持ち)。 日頃は得意の英語を生かして海外のスマホネタもチェックしています。

-格安SIM

© 2022 スマホおすすめ情報館