格安SIM

格安SIMでバースト機能があるのはここ!

2020年5月17日

格安SIMでバースト機能がある格安SIM

データ通信を使いきってしまって低速通信になってしまった。

そんな時にあると助かるのが、一定量だけ高速通信のできるバースト機能。

格安SIMでバースト機能のあるところはあるのでしょうか。

バースト機能のある格安SIMを比較してみました。

バースト機能とは

毎月のデータ通信量を超過すると、低速モードになってしまいます。

例えば、月5GBのプランを契約しているものの、容量をオーバーしていまった!

そんなとき、キャリアも格安SIMも低速モードになり、大体200Kbpsと遅くなり、TwitterやLINEなどではそれなりに可能ですが、Web閲覧などではかかりストレスになります。

こうしたときに名称はそれぞれ違うものの、一時的に高速になるのがバースト機能です。

早くなると言っても、ずっと早いわけではなく、キャリアと同じく3日程度なら通常並のスピードが出ます。

キャリアではこの機能はありますが、格安SIMではこのバースト機能のないところも多くありますがIIJmioなど、一部格安SIMではこのバースト機能対応しているところがあります。

以下がバースト機能のある格安SIMとなります。

バースト機能を使うといい時

バースト機能はわかったけれど、どういう効果があるのでしょうか。

データ通信が超過してしまった時

どのプランでも、月額のGBを超えてしまった時に低速切り替えになります。

通信パケットのシェアがないときにバースト機能があると便利です。

3日制限にかかった時

どこのSIMでも、3日間の制限があります。

それを超えてしまった時に低速モードになります。

そんな時にバースト機能があると高速に切り替えることができます。

バースト機能のある格安SIM

MVNO低速時速度3日間制限(制限時)低速プラン対応回線
IIJmio200Kbps366MB-ドコモ
au
UQモバイル200Kbps--au
mineo200Kbps--ドコモ
au
ソフトバンク
OCNモバイルONE200Kbps--ドコモ
Nifmo200Kbps--ドコモ
ロケットモバイル200Kbps-298円/月ドコモ
ソフトバンク
リペアSIM---ドコモ
ソフトバンク
BIC SIM---ドコモ
au

IIJmio

格安SIMでバースト機能があるIIJmio

格安SIMの中では老舗になるIIJmio。

IIJmioでは、低速モードになってしまったときに、300MB程度のスピードがでます。

また、みおぽんというIIJmioクーポンスイッチで低速・高速といった速度を変更できるのも便利です。

UQモバイル

格安SIMでバースト機能があるUQモバイル

au回線で速度が早いといったら真っ先に思いつくのがUQモバイル。

UQモバイルもバースト機能があり、低速・高速のオン・オフ機能があるのも便利です。

mineo

格安SIMでバースト機能があるmineo

人気No.1とも言えるmineoもバースト機能があります。

mineoのバースト機能は、低速モードになっても最初は高速モードになるので、ページの読み込みが可能なので低速になっても、それほどストレスにならないかもしれません。

 

OCNモバイルONE

格安SIMでバースト機能があるOCNモバイルONE

安心感のあるOCNモバイルONEにもバースト機能があります。

OCNモバイルONEのバースト機能は、通信のはじめが150KB分は高速となります。

また、Androidでは専用アプリがあり、高速オン・オフの切り替えもできると共にバースト機能の申し込みや設定は必要なく、必要時に自動でバースト機能がオンになります。

Nifmo

格安SIMでバースト機能があるNifmo

速度が速いと言われているNifmoにもバースト機能があり、OCNモバイルONEと同じく通信のはじめが150KBまで高速となります。

そのためLINEやTwitterなどのテキストであれば概ねストレスなく可能と言えます。

ロケットモバイル

格安SIMでバースト機能があるロケットモバイル

神プランが有名なロケットモバイル。

神プランでは、低速モードでなくても200kbpsとなっていますが、バースト転送オンの時の速度には定評があります。

リペアSIM

格安SIMでバースト機能があるリペアSIM

iPhoneに特化した格安SIMのリペアSIM。

リペアSIMは余ったデータ容量を翌月に繰越ができるのが魅力です。

低速モードになってもネットサーフィンくらいはストレスなくできると言われています。

BIC SIM

格安SIMでバースト機能があるBIC SIM

ビックカメラの店頭で申し込めるBIC SIM。

BIC SIMはIIJmioのサービスなのでSIMカードはIIJmioのものになります。

サービスもほとんどIIJmioと同じですが、IIJmioと違う点はWi-Fiスポット・Wi2 300を無料で使うことができます。

まとめ

バースト機能のある格安SIMを比較してみましたが、いかがでしたか?

まだバースト機能のない格安SIMも多いので、これから申し込むのであればバースト機能のある格安SIMを選ぶのもいいですね。

 

 




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yuna

スマホ好きが高じてスマホサイトを立ち上げました。 日頃は得意の英語を生かして海外のスマホネタもチェックしています。

よく読まれている記事

これは即アンインストール!Androidの危険アプリ一覧! 1

Androidスマホは危険なアプリが多いって本当? なんでそんなに危険アプリが多いの? 危険アプリが多かったらどうしたらいいの? 格安スマホが多くなったために、Androidユーザーが一気に増えました ...

Androidの危険アプリの見分け方!これでバッチリ! 2

スマホに欠かせないのがアプリ。 アプリを探していて、「このアプリいいな」と思っても安全なアプリなのかわからなかったりする時があります。 そんな時に、「このアプリは大丈夫かな?」と心配になりことってあり ...

【2020年】スマホのおすすめの冷却グッズ5選! 3

スマホを使っている時、または充電をしている時にスマホが熱い!と思ったことはありませんか? スマホが熱をもつことは多々ありますが、これから夏を迎え外気が暑くなってくるとスマホは余計に熱くなってきます。 ...

安心して購入できるおすすめ白ロム販売店7選!ここなら間違いナシ! 4

  もしそう悩んでいるのなら、中古スマホ(白ロム)で解決することができます。   はてな 中古スマホって怖くない? 怪しいアプリとか仕掛けられてるんじゃない? 白ロムという言葉も聞 ...

-格安SIM