格安SIM

クレジットカードなし!口座振替可能な格安SIM

2020年3月21日

口座振替可能な格安SIM

「格安SIMに移りたいけれど、クレジットカードを使いたくない」「クレジットカードの支払いをネットでしたくない」

「キャリアでは口座振替にしていたけど、格安SIMでも口座振替にしたい

という人も多いと思います。

今回は口座振替が可能な格安SIMをご紹介します。

LINEモバイルはコンビニ払いも可能?
関連記事

クレジットカード払いが基本の格安SIM。 その中、ほんのわずかですが口座振替に対応しているところもあります。 でも、できればコンビニ払いがしたい...そう思う方も多いのではないでしょうか。 そこで、ク ...

クレカ不要?デビットカードで使える4社
格安SIMでクレカ不要?デビットカードが使える4社

格安SIMというと、支払いはクレジットカードが主ですが、中にはクレジットカードを使いたくない。 学生などでクレジットカードを作れない人、中には過去に滞納など携帯のブラックがあったりしたことの人など、ク ...

格安SIMでクレジットカードのみの理由

そもそも、格安SIMではなぜクレジットカード一択なのでしょうか。

それは、未払いの可能性をつぶすためです。

格安SIMとしたら、クレジットカード払いだと、利用者がクレジットカード会社に支払うので、格安SIM会社に直接払うわけではありません。

なので、債権の焦げ付きがないんです。

とはいえ、使用者としとしてはインターネット上でクレジットカード番号を記入するのに抵抗があったり、クレジットカードを使いたくない、またはクレジットカードを持っていない人もいます。

そういった利用者でも格安SIMを使いたい人もいますよね。

なので、数少ないですが口座振替を可能としている格安SIMもあります。

銀行口座振替が可能な格安SIM

格安SIMをクレジットカードではなく、口座振替にするメリットとデメリットをご紹介します。

口座振替のメリット

まずは口座振替のメリットから見ていきましょう。

審査不要で申し込みができる

まったく審査がないわけではありませんが、15歳以上であればクレジットカードなしで申し込むことが可能です。

もちろん、未成年の場合は親の同意がなければ無理ですが、それでもクレジットカードでなければ、ご両親を納得させるのもそれほど難しくはないのではないでしょうか。

毎月に使用料がメールで届くので管理しやすい

クレジットカード払いだと、最近はネットで明細をみる場合も増えていますが、格安SIMでは締め日前には、請求のメールが来るので管理がしやすくなっています。

クレジットカードが不要

なんと言ってもこれ!

「クレジットカード使いたくないな〜」

「クレジットカード持ってないな〜」

と思って格安SIMを諦めてしまうのはとても残念ですよね。

だから、クレジットカードなしで申し込めるというのは一番大きいメリットと言えますよね。

口座振替のデメリット

口座振替可能な格安SIM

次に口座振替のデメリットです。

申し込める格安SIMが限られる

悲しいですが、格安SIMでの支払いは基本がクレジットカード支払いなので、口座振替に対応している格安SIMはほんのわずかです。

いいな、と思う格安SIMがあっても口座振替に対応していない場合も多くあります。

締め日と支払日が短い

格安SIMの場合、締め日が来てからメールで通知が来るのですが、支払い日までの期日が短いです。

なので、「忙しくて銀行に行かれない」「残高不足だった」ということがないように、残高は常にチェックしておく必要があります。

SIMカードがすぐ来ないことがある

他のサービスの口座振替処理と同じと同じように、格安SIMも手続きに時間がかかるため、SIM発行に時間がかかるものです。

なので、ネットで申し込みをしても、SIMカードの発送まで時間がかかるためその辺はゆとりを見ておく必要があります。

手数料がかかることがある

クレジットカード払いだとかからなかった手数料も口座振替などでは別途手数料がかかる場合があります。

大体は100円程度となっています。

機種代金は分割にできない

キャリアと同じくように格安SIMも端末が販売されていますが、端末代金は分割払いにはできませ。

分割払いにするにはクレジットカード払いにする必要があります。

プランなど縛りがある場合がある

格安SIMにはデータ通信だけだったり、音声通話など様々なプランがあります。

しかし、口座振替の場合はデータ通信のみなど、特定のプランにのみ対応している格安SIMもあるので、最初に確認しておきましょう。

口座振替可能な格安SIM

口座振替が可能な格安SIMは下記の5社になります。

月額料金
ワイモバイル1,980円(6ヶ月)〜
UQモバイル
1,480円〜
OCN モバイル ONE
1,180円〜
Biglobeモバイル1,600円(条件あり)〜

ワイモバイル

口座振替可能な格安SIM/ワイモバイル

ソフトバンクのサブブランドといえるのがワイモバイル。

独自回線も持っているため、速度が早いのが魅力です。

ワイモバイルは、口座振替を申し込む場合は店頭のみとなっていますが、データ通信のみならず音声SIMでも口座振替可能なのは嬉しいですね。

UQモバイル

口座振替可能な格安SIM/UQモバイル

auのサブブランドなのがUQモバイル。

通信速度が早いのが魅力。

新規(MNP含む)の場合のみオンラインでも口座振替申し込み可能。

また、SIMカードが届くのも他の格安SIMより早いのもいいですね。

OCNモバイルONE

銀行口座振替可能なOCNモバイルONE

ミュージックカウントフリーのあるOCNモバイルONE。

音楽好きの人にはおすすめの格安SIMです。

OCNモバイルでは口座振替可能とは書かれていませんが、カスタマーセンターに電話をして申込書を請求し申し込みをすると口座が可能となります。

また、現在インターネットプロバイダーがOCNの人は簡単にプロバイダーと同じ支払いとして銀行振込が可能です。

注意点は、SIMカードは口座振替が効能となってからなので手元に届くため、3〜4週間ほどかかるので、乗り換えの場合は申込み日に注意しましょう。

Biglobeモバイル

口座振替可能な格安SIM//Biglobeモバイル

エンタメフリーのあるBiglobeモバイル。

スマホで音楽を聴いたり動画を観る人にはおすすめの格安SIMです。

そんなBiglobeモバイルですが、口座振替が可能なのはデータ通信のみの対応。

また、口座振替には200円の手数料がかかります。

なので、音声SIMでBiglobeモバイルを使いたい人にはおすすめできません。

まとめ:口座振替可能な格安SIM

口座振替可能な格安SIMをご紹介しましたが、いかがでしたか?

格安SIMの数はどんどん増えていますが、口座振替が可能な格安SIMは少ないですね。

これからどんどん増えていったらいいですね。

LINEモバイルはコンビニ払いも可能?
コンビニ払いが可能な格安SIMは一社だけ

クレジットカード払いが基本の格安SIM。 その中、ほんのわずかですが口座振替に対応しているところもあります。 でも、できればコンビニ払いがしたい...そう思う方も多いのではないでしょうか。 そこで、ク ...

クレカ不要?デビットカードで使える4社
格安SIMでクレカ不要?デビットカードが使える4社

格安SIMというと、支払いはクレジットカードが主ですが、中にはクレジットカードを使いたくない。 学生などでクレジットカードを作れない人、中には過去に滞納など携帯のブラックがあったりしたことの人など、ク ...

 




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yuna

スマホ好きが高じてスマホサイトを立ち上げました。 日頃は得意の英語を生かして海外のスマホネタもチェックしています。

よく読まれている記事

これは即アンインストール!Androidの危険アプリ一覧! 1

Androidスマホは危険なアプリが多いって本当? なんでそんなに危険アプリが多いの? 危険アプリが多かったらどうしたらいいの? 格安スマホが多くなったために、Androidユーザーが一気に増えました ...

Androidの危険アプリの見分け方!これでバッチリ! 2

スマホに欠かせないのがアプリ。 アプリを探していて、「このアプリいいな」と思っても安全なアプリなのかわからなかったりする時があります。 そんな時に、「このアプリは大丈夫かな?」と心配になりことってあり ...

【2020年】スマホのおすすめの冷却グッズ5選! 3

スマホを使っている時、または充電をしている時にスマホが熱い!と思ったことはありませんか? スマホが熱をもつことは多々ありますが、これから夏を迎え外気が暑くなってくるとスマホは余計に熱くなってきます。 ...

安心して購入できるおすすめ白ロム販売店7選!ここなら間違いナシ! 4

  もしそう悩んでいるのなら、中古スマホ(白ロム)で解決することができます。   はてな 中古スマホって怖くない? 怪しいアプリとか仕掛けられてるんじゃない? 白ロムという言葉も聞 ...

-格安SIM