MVNO 格安SIM

話題の格安スマホって何?格安SIMとの違いは?

2018年6月27日

話題の格安スマホって何?格安SIMとの違いは?

テレビのコマーシャルやネット広告のためか、MM総研によると2018年3月時点でのMVNO(格安SIM)の利用者は1082.8万回線と、前年比33.7%増と急速に伸びています。

1年間で33.7%増というのは、すごい伸び率だと言えます。

確かに、テレビをつけてもmineoやUQモバイルなど格安SIMサービスのCMは見ますし、ネットでも格安SIMサービスの広告はよく目にします。

まだ乗り換えていない人の中にも、気になっている人は多いと思います。

そこで耳にするのが、格安SIM、そして格安スマホという言葉。

でも、そもそも格安SIMと格安スマホってどう違うの?という人も多いと思います。

今回は、格安SIMと格安スマホについて説明したいと思います。



格安SIMサービス利用者推移

6月20日にMM総研が発表した、2018年の格安SIMサービス利用者数の推移は下記のようになっています。

話題の格安スマホって何?格安SIMとの違いは?

ここで、「独自サービス型SIM」というのが、通称格安SIM、またはMVNOと呼ばれるものになります。

2013年では利用者はとても少なかったのが、年々増えていっているのがわかります。今後もかなりの割合で伸びて行きそうです。

そして、その格安SIMサービスの利用者の内訳というのは、下記のようになっています。

話題の格安スマホって何?格安SIMとの違いは?

昨年は、インターネットイニシアティブ(IIJmio)がトップだったのが、今年は楽天モバイルが一位となり、IIJmioは同数程度となっています。

3位がNTTコミュニケーションズ(OCNモバイル)、そして4位がUQコミュニケーションズ(UQモバイル)、5位がケイ・オプティコム(mineo)、継いでビッグローブとなっており、どのサービスもテレビコマーシャルやネットでよくみるサービスとなっています。

スマホなどに詳しくない人でも、どのサービスも名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。

格安SIMと格安スマホって違うの?

ここで登場する言葉が、"格安SIM(MVNO)"、"格安スマホ" という言葉だと思います。

 

「格安スマホにすると月額料金が安くなる!」

 

「格安SIMに乗り換えて月額料金が安くなった!」

 

こんな言葉もよく耳にすると思いますが、どちらも "安い" と言っているのですが、そもそも格安スマホと格安SIMって違うものなの?同じ物なの?と疑問に思うと思います。

まず、厳密に言うと、格安スマホと格安SIMは違うものです。

格安SIMとは?

それぞれ "格安" という言葉を取ると、"スマホ" と "SIM" ですよね。

スマホはご存知、スマートフォンの略ですよね。

それでは、SIMって何?というと、携帯時代からずっとあるもので、スマホに入れる小さなカードありますよね。

赤丸で囲った部分の小さいカードです。

話題の格安スマホって何?格安SIMとの違いは?

ドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアで機種変をするとカウンターで、このカードを入れ替えているのを見たことのある人も多いと思います。

この小さいカードを "SIMカード" と言います。

スマホは携帯と同じく、このSIMカードが入っていないとLTEや通話を使用することはできません。

この小さなカードの中に電話番号情報が入っているんですね。

そして、従来、このSIMカードは、ドコモ、au、ソフトバンクと言った3大キャリアと呼ばれる携帯会社のみしかありませんでしたが、数年前からMVNOを呼ばれる事業者がキャリアの回線を借りてSIMカードを安価で提供するようになりました。

この安価で提供されているSIMを "格安SIM" と呼ぶようになりました。

格安スマホとは?

では、格安スマホとはなんでしょうか?

言葉の通り、スマホ、つまり、"価格の安いスマートフォン" というのが本来の意味です。

例えば、iPhoneやGalaxy、Xperiaと言ったキャリアから出ているスマートフォンって高いですよね。

今では10万円くらいします。

それに対して、Amazonなどで1万円台から3万円台などといったびっくりするほど安いスマートフォンが売られています。

格安スマホとは、本来、こういったスマートフォンのことをさしていました。

しかし、現在は格安スマホを出しているASUS、ZTE、Huaweiなどといったメーカーも8万円などする高価格で高スペックなスマートフォンも登場してきました。

そういった高価格帯のスマートフォンも、キャリア以外で販売されているスマートフォンは格安スマホに含まれます

しかし最近では、「格安スマホならmineo」などと言ったように宣伝されており、「安く使えるスマートフォン」というように使われるようになっています。

また、ドコモなどのキャリアから、そう言った格安SIMサービスで販売されているスマートフォンとSIMカードをセット購入した場合に、「格安スマホに乗り換えた」と言ったり、格安スマホという言葉の中に格安SIMを含むことが多くなっていて、"格安スマホ" という言葉の中に格安SIM(MVNO)も含まれることが多くなっています

さいごに

格安SIM、格安スマホとよく見聞きする言葉ですが、意外とこの格安SIMと格安スマホの違いがわからないという人がいるので、今回は格安SIMと格安スマホの違いを説明しました。

「違いがわかるようでよくわからない」

という方の参考になれば幸いです。

 

ちなみに、格安スマホというと格安SIMを含んで使われる場合が多くなっていますが、キャリアと違いスマホとSIMカードを別々に購入することもできますよね。

例えば、スマホはSIMフリーiPhoneでSIMカードは格安SIMだったり、スマホはAmazonや家電量販店、ネットで購入し、SIMカードは好きなところの格安SIMサービスを使うといったこともあるので、このブログでは格安スマホはキャリア以外のスマートフォンを、そして格安SIMはキャリア以外のSIMカードと厳密に区分しています。

 






  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yuna

スマホ好きが高じてスマホサイトを立ち上げました。 日頃は得意の英語を生かして海外のスマホネタもチェックしています。

よく読まれている記事

これは即アンインストール!Androidの危険アプリ一覧! 1

Androidスマホは危険なアプリが多いって本当? なんでそんなに危険アプリが多いの? 危険アプリが多かったらどうしたらいいの? 格安スマホが多くなったために、Androidユーザーが一気に増えました ...

Androidの危険アプリの見分け方!これでバッチリ! 2

スマホに欠かせないのがアプリ。 アプリを探していて、「このアプリいいな」と思っても安全なアプリなのかわからなかったりする時があります。 そんな時に、「このアプリは大丈夫かな?」と心配になりことってあり ...

【2020年】スマホのおすすめの冷却グッズ5選! 3

スマホを使っている時、または充電をしている時にスマホが熱い!と思ったことはありませんか? スマホが熱をもつことは多々ありますが、これから夏を迎え外気が暑くなってくるとスマホは余計に熱くなってきます。 ...

安心して購入できるおすすめ白ロム販売店7選!ここなら間違いナシ! 4

  もしそう悩んでいるのなら、中古スマホ(白ロム)で解決することができます。   はてな 中古スマホって怖くない? 怪しいアプリとか仕掛けられてるんじゃない? 白ロムという言葉も聞 ...

-MVNO, 格安SIM
-, ,