DSDS対応のFREETEL RAIJIN(雷神)とZenfone3を比較!どちらが買い?

DSDS対応のFREETEL RAIJIN(雷神)とZenfone3を比較!どちらが買い?

現在発売中のZenfone3と12月発売予定のFREETELのRAIJIN(雷神)どちらもDSDS対応機となっています。

そんなZenfone3とRAIJIN(雷神)を比較してみたいと思います。

スポンサードリンク

FREETELのRAIJIN(雷神)とZenfone3の比較

まずは、RAIJIN(雷神)の外観動画とZenfone3の動画をご覧下さい。

最初に、RAIJIN(雷神)の外観動画です。

次にZenfone3の動画です。

それでは、スペックを比較してみましょう。

RAIJIN(雷神) Zenfone3(ZE552KL)
OS Android7.0 Nougat Android6.0 Marshmallow
ディスプレイ 5.5インチ 1920×1080ピクセル FHD ゴリラガラス3 5.5インチ 1920×1080 FHD
本体サイズ 153.0mmx76.0mmx8.7mm 152.59×77.38×7.69mm
重さ 183g 155g
CPU MT6750T オクタコア Cortex-A53 (4×1.5GHz + 4×1.0GHz) Snapdraton625
メモリ 4GB 3GB
容量 64GB(microSDによる拡張可能) 32GB
カメラ 1600万画素/800万画素 1600万画素/800万画素
バッテリー 5,000mAh 3,000mAh
SIM Micro SIM/nano SIM デュアルスタンバイ可能 SIM1 MicroSIM + SIM2 NanoSIM
NanoSIMスロットはMicroSDスロットと兼用 デュアルスタンバイ可能
USB USB Type-C USB Type-C
センサー GPS搭載 (A-GPS、QZSS対応) 、GLONASS、加速度センサー、近接センサー、光センサー、重力センサー、ジャイロセンサー、e-compass、指紋センサー 加速度センサ / 電子コンパス / ジャイロスコープ / 近接センサ / ホールセンサ / 環境光センサ / RGBカラーセンサ / 赤外線センサ / 指紋認証センサ
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n IEEE802.11 b/g/n/ac
対応周波数 2G(GSM): B2/3/5/8
3G(WCDMA): B1/5/6/8/19
4G(FDD): B1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/28B
4G(CA): B3/19,B1/19
2G:850/900/1800/1900
3G(WCDMA):B 1/2/5/6/8/19
4G(FDD): B 1/2/3/5/7/8/18/19/26/28
4G(TD): B38/39/40/41
価格 29,800円(税抜) 39,800円

多少のスペック差はあるものの、それほどの差がないことがわかります。

それでは、一項目ずつ見て行きましょう。

OS

RAIJIN(雷神)は12月発売なので、Android7.0 Nougat搭載ですが、Zenfone3は現段階ではAndroid6.0 Marshmallowとなります。いずれ、Zenfone3もOSアップデートが来ると思いますが、12月までに来るかは不明です。

ディスプレイ

ディスプレイは、RAIJIN(雷神)、Zenfone3ともに全く同じスペックで、5.5インチフルHDディスプレイの解像度は1920×1080ピクセルとなります。

ディスプレイに関しては同等です。

本体サイズ&重さ

本体サイズはほぼ同じとなりますが、Zenfone3の155gに対し、RAIJIN(雷神)は183gとかなり重くなります。これは、バッテリー容量の差と言えますね。

バッテリー

比較的似たようなスペックの両機種ですが、バッテリー容量に関しては大きな差が出ました。

Zenfone3は3,00mAhと標準的なバッテリー容量となりますが、RAIJIN(雷神)は5,000mAhとかなりの大容量となります。

もっとも、バッテリーは容量よりもバッテリー持ちが重要ではありますが、5,000mAhもあれば、「バッテリー持ちが悪い」ということはないでしょう。

なので、バッテリーに関してはRAIJIN(雷神)の方が上となります。

CPU

RAIJIN(雷神)のCPUはMediaTekのものです。対するZenfone3はSnapdragon625です。このMT6750TはSnapdragon620に若干落ちるくらいと言われています。

同メーカーのCPUではないので、正確な比較はできませんが、CPUに関してはZenfone3の方が少し上といった感じですね。しかし、RAIJINはオクタコアなので、そこは魅力です。

ちなみに、どちらのCPUもミドルレンジモデル向けのCPUとなります。

メモリと容量

RAIJIN(雷神)はメモリ4GB、容量64GBのみですが、Zenfone3は3GB/32GBとなります。海外で販売されているZenfone3にはもう1モデルあるのですが、日本ではメモリ3GB、容量32GBのみとなりました。

メモリ3GBでも十分ではありますが、RAIJIN(雷神)のメモリと容量は魅力的ですね。

カメラ

カメラ画素数は、RAIJIN(雷神)、Zenfone3ともにメインカメラ1600万画素、フロントカメラ800万画素となります。

RAIJIN(雷神)のカメラ機能に関しては、まだ詳細がわからないので、これ以上の比較はできませんが、カメラ画素数だけでみると同じとなります。

ちなみに、Zenfone3はソニーのカメラセンサーを搭載しているとのことです。

スポンサードリンク

Wi-Fiと対応周波数

Wi-Fiに関しては、5Gzで安定して繋がるIEEE802.11acにZenfone3は対応していますが、残念ながらRAIJIN(雷神)は対応していません。IEEE802.11aには対応しているので、5GzでWi-Fiに繋ぐことはできますが、障害にはacの方が強いので、そこが少し残念ですね。

また、3G・4Gの対応周波数ですが、こちらは3Gに関しては、Zenfone3の方が若干広いですが、大差はなく、4Gに関しては同等と言えます。

なので、RAIJIN(雷神)でもZenfone3でも3G・4Gに関しては互角と言えます。Wi-FiのIEEE802.11 acに対応はしていませんが、Wi-Fi下で使うことが少ない人はIEEE802.11aで十分と言えます。

SIMカードスロット

RAIJIN(雷神)もZenfone3もDSDS対応スマホとなります。

ここで気になるのが、RAIJIN(雷神)のSIMカードスロットのひとつがmicroSDカードと兼用になるのかどうかですが、現段階でFREETELのホームページを見る限り、”兼用” の文字は見当たりません。

ちなみに、Zenfone3はDSDS対応ですが、SIMカードスロットのひとつがmicroSDカードと兼用となるため、microSDカードを使用する場合はDSDSとなりません。シングルSIMとなります。

もし、RAIJIN(雷神)が兼用でないのなら、完全なるDSDS対応スマホとなるので、DSDS目的で購入するのなら、RAIJIN(雷神)の方がいいかもしれません。

価格

価格は、RAIJIN(雷神)が税抜29,800円なのに対し、Zenfone3は39,800円とZenfone3の方が10,000円高くなります。

CPUは確かにZenfone3の方が若干良いのですが、バッテリー容量やメモリなど総合的に見た場合、RAIJIN(雷神)の方がコスパに優れていると言えます。

正直、RAIJIN(雷神)はこのスペックでよくこの価格で出したな、と思います。

どちらが買いか

総合的スペックと価格を見た場合、RAIJIN(雷神)の方がコスパに優れ、とてもこの価格帯とは考えられないハイスペックです。

対するZenfone3も悪くはないのですが、RAIJIN(雷神)が少し良すぎましたね。

それでも、CPUは若干Zenfone3の方が上ですし、軽さを求めるならZenfone3と言えますね。

FREETEL RAIJIN(雷神)が買いな人

DSDS対応のFREETEL RAIJIN(雷神)とZenfone3を比較!RAIJINが買いな人

(C)FREETEL

  • 純粋にデュアルSIM・デュアルスタンバイにこだわりたい人
  • バッテリー容量が大きい方がいい人
  • コスパの良いスマホが欲しい人
  • 気軽にスマホの買い換えがしたい人

FREETELは、「かえホーダイ」というサービスがあるので、スマホが壊れてしまったりしても、気軽に新しいスマホに変えることができますし、その際のデータの保証もあります。

また、かえホーダイは、新しいスマホを使いたい人にも向いていますね。

このFREETELのかえホーダイはいいところを突いたサービスだと思います。

Zenfone3が買いな人

DSDS対応のFREETEL RAIJIN(雷神)とZenfone3を比較!Zenfone3が買いな人

(C)ASUS

  • メタリックな高級感が欲しい人
  • デュアルSIM・デュアルスタンバイにこだわらない人
  • ASUSが好きな人

ASUSは一定のファン層を持っているので、ASUSファンの人は間違いなくZenfone3ですね。

ただ、その他に関しては、RAIJIN(雷神)相手だと魅力が半減してしまうかもしれません。

でも、メタリックなZenfone3の外観は高級感があって、とてもおしゃれですね。

まとめ

人気のZenfone3とこれから発売となる、期待のRAIJIN(雷神)とを比較してみましたが、いかがでしたか?

一定ファンを持つと言うのは、それだけ信頼性があるということなので、Zenfone3は魅力ではありますが、FREETELのRAIJIN(雷神)もかなりコスパの良いスマホを発表したと思います。

今すぐ欲しい、と言う人はZenfone3は既に発売されているので、Zenfone3の方が良いですが、今すぐではないのなら、RAIJIN(雷神)の発売を待っても良いと思います。

sauce:ASUSFREETEL

今回の記事に関連する記事:

FREETELがDSDS対応の雷神とKIWAMI2を発表!超期待!

Zenfone3の一部が本日より台湾で発売開始!Ultraは29日。Deluxeは未定

日本でも発売!Zenfone3シリーズのスペックと国内価格と販売日は?

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする