スマホおすすめ情報館

スマートフォンのおすすめ機種や最新機種情報のスマホ情報サイトです。iPhone、Androidのスペックからはもちろん自分の使い道にあった最適なスマホが見つかります。ドコモやau、ソフトバンクの大手キャリアはもちろんSIMフリー端末情報もチェックできます。

iPhone7のカメラベンチマーク!歴代iPhone最高ながらもGalaxy S7 edgeに及ばず

iPhone7のカメラ性能評価!やはりGalaxy S7 edgeに及ばず

先日、iPhone7とGalaxy S7 edgeの写真にて、カメラ性能を比較しましたが、今回DxOMarkがiPhone7のカメラ性能ベンチマークを評価していましたのでお伝えします。

スポンサードリンク

iPhone7のカメラベンチマーク

iPhone7のカメラ性能評価!やはりGalaxy S7 edgeに及ばず

(C)DxOMark

カメラ性能評価で定評のあるDxOMarkがiPhone7のカメラベンチマークを評価していました。

DxOMarkによると、iPhone7のカメラスコアは86点でした。

ちなみに、この86点というのは、iPhone6s Plusの84点を抜いて、歴代iPhoneの中では最高スコアとなりますが、Galaxy S7 edgeや、HTC10、Xperia X Performanceの88点には及びませんでした。

それでは、今までiPhoneの中でカメラベンチマークが一番高かったiPhone6s PlusとiPhone7のベンチマークの差はどうなっているのか見てみましょう。

iPhone6s PlusとiPhone7のカメラベンチマーク比較

(C)DxOMark

ノイズやテクスチャーが若干上がっている他、アーティファクトがかなり向上しているのがわかります。

アーティファクトの向上はは、「歪み」や「ブロックノイズ」が軽減されたということを表します。

その反面、フラッシュやオートフォーカスに関してはiPhone6s Plusを若干ですが下回っています。

このフラッシュに関しては、先日のGalaxy S7 edgeとのカメラ比較で感じたことではあったのですが、本当にそうだったのだな、と思いました。

ですが、全体的にはバランスが取れていると思います。

それでは、iPhone7で撮影された写真を見ていきましょう。

iPhone7のカメラは歴代iPhone最高ながらもGalaxy S7 edgeに及ばず

(C)DxOMark

iPhone7のカメラは歴代iPhone最高ながらもGalaxy S7 edgeに及ばず

(C)DxOMark

iPhone7のカメラは歴代iPhone最高ながらもGalaxy S7 edgeに及ばず

(C)DxOMark

どの写真も自然な色で綺麗ではあるのですが、やはり全体的に露出不足は否めませんね。

スポンサードリンク

次は細部を見てみましょう。

iPhone7のカメラは歴代iPhone最高ながらもGalaxy S7 edgeに及ばず

(C)DxOMark

シャープさがなく、ノイズやぼやけが入っているのがわかります。

次に、iPhone6s Plusとの動画のベンチマークスコアを見てみましょう。

iPhone7とiPhone6s Plusのビデオベンチマークスコア比較

(C)DxOMark

動画においても、アーティファクトの向上が見られる他、安定性、コントラストにおいてiPhone6s Plusを上回っています。

ただし、ノイズやテクスチャーに関しては変わらずのようですね。

しかし、静止画だけでなく、動画に関してもバランスは取れています。

iPhone7のカメラの長所と短所

iPhone7のカメラの長所と短所

(C)DxOMark

カメラベンチマークを見ると、静止画が86、動画は85となっています。

静止画に比べ、動画のベンチマークスコアが下がっているのは、コントラストとノイズ、アーティファクトのスコアの低さですね。

アーティファクトのスコアが低く、ノイズもスコアが低いということは、相当ノイズが入ってちらつくということですね。

これを元にした、静止画と動画の長所と短所は下記の通りとなります。

iPhone7の静止画の長所

  • 全体的な露光とダイナミックレンジが広く、非常に良い
  • ホワイトバランスは安定しており、一般的には良い
  • 屋外での撮影において、細部は良く維持されている
  • 明るい光の中での高速オートフォーカス
  • フラッシュは、正確なホワイトバランス、優れた発色、ノイズレベルが低い

アーティファクトが向上したことが伺えますね。

また、明るい光の中での高速オートフォーカスというのも素晴らしいですね。

iPhone7の静止画の短所

  • 屋外や光の少ない場所では細部が綺麗に維持されていない
  • 光の少ない場所において、輝度ノイズが目立つ
  • どの状況下においても、オートフォーカスの不規則が目立つ
  • フラッシュ使用時、オートフォーカスが連続ショットで安定せず、輝度シェーディングが見られる

短所を見ると、やはり露出不足であることが伺える結果となっており、またフラッシュ使用時はあまり安定しないようですね。

この結果は、先日のGalaxy S7 edgeとのカメラ比較で見られた物を裏付ける形となりました。

iPhone7の動画の長所

  • 安定性が良い
  • 明るい光の中で、高速でスムーズなオートフォーカス
  • 明るい光の中での細部は良い
  • 色が鮮やかで良い

動画においても、オートフォーカスは早いようですね。

iPhone7の動画の短所

  • 光の少ない場所において、輝度ノイズが目立つ
  • 露出とホワイトバランスが時々不安定になる
  • 室内や歩行時にフレームシフトが軽少される
  • 光の少ない場所においては、オートフォーカスが遅くなる

動画も静止画と同じく、暗所に弱いようですね。

やはり露出不足なのですね。

iPhone7のカメラ性能まとめ

DxOMarkのベンチマークスコアを見る前から感じていた、露出不足はやはり否めないようです。

露出不足となると、暗所での撮影に弱く、画像は暗くなります。

しかし、オートフォーカスにおいては、暗所の動画撮影時にスピードが遅くなるくらいで、概ね高速オートフォーカスのようで、それは写真を撮る際には良いですね。

iPhone7のカメラは、色やオートフォーカスについては問題ないので、露出不足とノイズが残念ですね。

source:DxOMark via Slash Gear

今回の記事に関連する記事:

iPhone7とGalaxy S7 edgeカメラ性能比較!iPhone7は露出不足が目立つ

スポンサードリンク

 

 

 

 

-iPhone7
-