iPhone7

これがiPhone7/iPhone7 Proのディープブルーだ!コンセプト画像をご紹介

先日、『iPhone7とiPhone7 Proの3D画像!スペースグレイ廃止で新色としてディープブルーが追加?』で、iPhone7/iPhone7 Proにはディープブルーが追加になるかもしれない、とお伝えしましたが、早速iPhone7とiPhone7 Proのディープブルーのコンセプト画像が公開されていました。

iPhone7/iPhone7 Proのディープブルーのコンセプト画像

iPhone7/iPhone7 Proからはディープブルーが追加されるかもしれない、と言った情報が出たのが3日前。

そして、早くも本日、Martin Hajek氏がiPhone7とiPhone7 Proのディープブルーのコンセプト画像を公開していました。

それでは見ていきましょう。

iPhone7/7Proのディープブルーのコンセプト画像

(C)Martin Hajek

iPhone7/7Proのディープブルーのコンセプト画像

(C)Martin Hajek

iPhone7/7Proのディープブルーのコンセプト画像
(C)Martin Hajek

いかがですか?マットで深みのあるシックな色ですね。

先日出ていた画像は、もう少し明るいブルーでしたが、本日Martin Hajek氏が公開したこのディープブルーのiPhone7/iPhone7 Proは深みがあって、とてもおしゃれですね。

そして、一緒に並んでいるグレーと比べるとアンテナラインが目立たない。

というか、アンテナラインがわかりません。

アンテナ性能のためにアンテナラインが必要なのはわかりますが、もう少し目立たなく、おしゃれなら、と思っているユーザーには嬉しいですよね(管理人もその1人です)。

それに、この色なら敢えてバンパーやクリアケースで使いたい、と思いますね。

もちろん、このコンセプト画像は、あくまでも情報を元に作られたイメージ画像であって本物ではないのですが、「これが本物だったら欲しい!」と思わせる力はありますよね。

iPhone6s、iPhone6s Plusでローズゴールドが発売になった時は、ローズゴールドに予約が集中しましたが、このディープブルーが本当に発売になったら、同じように予約が集中しそうですね。

ブルーと言うと男性のイメージが強いですが、最近はスマホの色と性別が関係ない時代になってきました。

男性でも赤などを持つ人もいるし、女性でもブルーを持つ人がいます(はい、管理人は女ですが持っています)。

なので、このディープブルーのiPhone7とiPhone7 Proが発売になったら、男性だけでなく人気は出ると思います。

そもそもiPhone7/iPhone7 Proに新色は追加になるのか

まず、iPhone3G発売以降の各iPhoneの色を見ていきましょう。

機種名
iPhone3Gブラック、ホワイト
iPhone3GSブラック、ホワイト
iPhone4ブラック、ホワイト
iPhone4Sブラック、ホワイト
iPhone5ブラック&スレート、ホワイト&シルバー
iPhone5sスペースグレイ、シルバー、ゴールド
iPhone5cホワイト、ピンク、イエロー、ブルー、グリーン
iPhone6/6 Plusスペースグレイ、シルバー、ゴールド
iPhone6s/6s Plusスペースグレイ、シルバー、ゴールド、ローズゴールド
iPhone SEスペースグレイ、シルバー、ゴールド、ローズゴールド

見てみると、初期の頃はあまり色に変更がありませんでした。

しかし、iPhone5sを境に色に変更が出て来ました。

iPhone3GからiPhone4Sまではスマートフォン市場が伸びていた時期です。

そして、iPhone6以降というのはスマートフォンの普及が広まり、頭打ちになってきた時期です。

そういう時代背景を考えると、初期は色にこだわらなくても「出せば売れた」時代です。

しかし、スマートフォン市場が飽和状態となると、「出せば売れる」ではなく、「いかに注目を浴びる機種を出すか」になってきます。

これはスマホに限らず、どんな商品でもそうですよね。

iPhoneもそんな市場を背景に見ると、iPhone6辺りから陰りが見え始めたので、iPhone6s/iPhone6s Plusでローズゴールドを投入し注目を集めた、と考えられます。

そして、今現在は、スマホ市場は完全に飽和状態です。なので、やはり機種で注目を集めるしかないです。

デュアルカメラ搭載というのも、確かに最近のAndroidスマホのフラッグシップモデルに対抗していますが、当然色も関係してきます。

もし、iPhone6s Plusがデュアルカメラになっただけだったら、買い換えようと思いますか?

iPhone5やiPhone5sユーザーならあるかもしれませんが、恐らくそのユーザーはサイズ的にiPhone SEを選ぶと思います。

しかし、iPhone7 Proは5.5インチです。

このサイズのiPhoneを買い換えようというユーザーはiPhone6 PlusもしくはiPhone6s Plusユーザーが主流となると思います(Androidから来るユーザーもいますが)。

そうなると、デュアルカメラになっただけ、だったら求心力と言うのは下がります。

そうしたら、手っ取り早く新色投入というのは考えられると管理人は考えます。

どちらにしても、後3ヶ月ほどで発表になるので、はっきりした事はもう少しお預けですが、情報を元に色々想像するのも楽しみのひとつですよね。

source:Martin Hajek




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yuna

スマホ好きが高じてスマホサイトを立ち上げました。 日頃は得意の英語を生かして海外のスマホネタもチェックしています。

よく読まれている記事

これは即アンインストール!Androidの危険アプリ一覧! 1

Androidスマホは危険なアプリが多いって本当? なんでそんなに危険アプリが多いの? 危険アプリが多かったらどうしたらいいの? 格安スマホが多くなったために、Androidユーザーが一気に増えました ...

Androidの危険アプリの見分け方!これでバッチリ! 2

スマホに欠かせないのがアプリ。 アプリを探していて、「このアプリいいな」と思っても安全なアプリなのかわからなかったりする時があります。 そんな時に、「このアプリは大丈夫かな?」と心配になりことってあり ...

【2020年】スマホのおすすめの冷却グッズ5選! 3

スマホを使っている時、または充電をしている時にスマホが熱い!と思ったことはありませんか? スマホが熱をもつことは多々ありますが、これから夏を迎え外気が暑くなってくるとスマホは余計に熱くなってきます。 ...

安心して購入できるおすすめ白ロム販売店7選!ここなら間違いナシ! 4

  もしそう悩んでいるのなら、中古スマホ(白ロム)で解決することができます。   はてな 中古スマホって怖くない? 怪しいアプリとか仕掛けられてるんじゃない? 白ロムという言葉も聞 ...

-iPhone7
-,