LG

auからisai Beatが11月18日発売!isai BeatとV20 Proどちらが買い?LG V20との比較も

2016年11月14日

auからisai Beatが11月18日発売!LG V20とisai Beat、V20 Proを比較!

セカンドディスプレイ搭載として話題を集めているLG V20。

日本ではLG V20をベースとしたisai Beatをauが、V20 Proとしてドコモが発売することになりました。

その中で、auのisai Beatが11月18日に発売となるので、海外のLG V20、isai Beat、V20 Proの比較をし、V20 Proとどちらが買いとなるかみてみました。

スポンサードリンク

LG V20、isai Beat、V20 Pro 比較

LGが出した、セカンドディスプレイ搭載スマホ、LG V20。

海外でも、韓国版と同じLG V20が発売となりましたが、日本ではauが、auオリジナルのisai Beatとして、ドコモはV20 Proとして発売することになりました。

auもドコモもLG V20をベースとした日本バージョンとなり、本家LG V20とは違うスペックになった他、同じ日本バージョンでもisai BeatとV20 Proでは若干スペックが違うものとなりました。

そこで、本家LG V20とauのisai Beat、ドコモのV20 Proを比較してみます。

LG V20、isai Beat、V20 Pro スペック比較

まずは、LG V20、isai Beat、V20 Proのスペックを比較してみましょう。

LG V20isai BeatV20 Pro
OSAndroid7.0Android7.0Android7.0
ディスプレイ5.7インチ 2,560×1,440ピクセル5.2インチ 2,560×1,440ピクセル5.2インチ 2,560×1,440ピクセル
サイズ78.1×159.7×7.6mm72×149×8.0mm72×149×7.9mm
重さ174g146g140g台
CPUSnapdragon 820
2.2GHz+1.6GHz クアッドコア
Snapdragon 820
2.2 GHz + 1.6 GHz クアッドコア
Snapdragon 820
2.1 GHz + 1.5 GHz クアッドコア
メモリ4GB4GB4GB
容量64GB32GB32GB
カメラ1600+800万画素/500万画素1600+800万画素/500万画素1620+820万画素/510万画素
バッテリー3,200mAh3,000mAh2,900mAh
防水×

海外のLG V20と日本バージョンで一番違うのはディスプレイサイズとなります。

LG V20は5.7インチと大画面となっていますが、isai Beat、V20 Proは一回り小さい5.2インチとなっています。

ディスプレイサイズが違うということは、当然ですが本体サイズも変わってくるので、サイズが一番大きいLG V20が一番重くなっています。これは当然ですね。

そしてCPUですが、どれもSnapdragon820のクアッドコアであることは同じなのですが、V20 Proのクロック数が若干違います。この差はベンチマークでどう影響するのでしょうか。

容量です。LG V20は64GBとなりますが、isai Beat、V20 Proともに32GBとなります。この辺が少しもったいないかな?と思わなくもないですね。

カメラはどれもデュアルカメラですが、LG V20とisai Beatは同じ画素数となり、V20 Proが若干良い画素数となっていますが、肉眼で見るには違いを感じることができるほどではありません。

また、バッテリーはそれぞれ違うのですが、LG V20はサイズが大きいので別としても、isai BeatとV20 Proは100mAh違います。これはV20 Proの方が本体が若干薄めとなっているためだと思われます。

ただ、この100mAhの違いがバッテリー持ちとなった場合に、どれだけの違いとなるかは不明です。

最後に海外のLG V20と日本バージョンの違いは防水と言えます。LG V20は防水対応にはなっていませんが、isai Beat、V20 Proともに防水対応となっています。

この辺は日本らしいな、と言えますね。

まとめると、LG V20と日本バージョンとの違いはそこそこあるのですが、同じ日本バージョンであるisai BeatとV20 Proは若干の違いはあるものの、それほど大差のないスペックとなっています。

こうなると、isai Beatを買うかV20 Proを買うかは、「自分が使いたいキャリアで買う」という決め方となりますね。

スポンサードリンク

LG V20、isai Beat、V20 Pro デザイン比較

スペックの違いを見てきましたが、3機種のデザインに違いはあるのでしょうか?

1つずつ見て行きましょう。

LG V20のデザイン

LG V20デザイン

(C)LG전자

カラーバリエーションはシルバー、チタン、ピンクの3色となります。

isai Beatのデザイン

isai Beatのデザイン (C)au KDDI

デザインを見ると、海外のLG V20と変わらないですね。背面のロゴが"isai"になり、サイズが小型化されただけのような感じです。

ちなみにカラーバリエーションはチタンとゴールドになります。ピンクがなくなったのは女性は残念ですね。

V20 Proのデザイン

V20 Proデザイン

(C)ドコモ

デザインとしては、isai Beatと変わりありません。"isai" のロゴが "docomo" に変わっただけです。

ただし、残念なことにカラーバリエーションはチタンのみとなります。

せめて、isai Beatのように男女ともに使えるゴールドが欲しかったですね。

先ほど、isai BeatとV20 Proのどちらを買うかは、「自分が使いたいキャリアで買う」と書きましたが、色にこだわりがある人は「ゴールドの有無」も入ってくるかもしれません。

本体カラーは確かにケースをするとあまり変わらないものではありますが、正面から見た場合のベゼルの色が違ってきますので、気になる人は気になるかもしれません。

LG V20、isai Beat、V20 Pro 比較まとめ

LG V20、isai Beat、V20 Proをスペックとデザインから比べてみましたが、isai BeatとV20 Proはまるで双子ですね。

わずかな差しかありませんでした。

LG V20と比べると、日本バージョンはディスプレイの小ささとバッテリーの若干の違い、容量の違いはありましたが、ディスプレイサイズが0.5インチ違う以外は大差がなく、逆に小さくなっても防水に対応となっているのは日本バージョンの良さと言えますね。

日本でisai BeatとV20 Proのどちらが買いかは、「スペックの違いより、ゴールドの有無とキャリア」になり、どちらを買っても変わりないと思います。

ただ、isai BeatもV20 Proも申し分のないスペックではありますが、なぜ日本ではLG V20がそのまま出なかったのか、少し気になるところではあります。

sauce:LG전자au、ドコモ

今回の記事に関連する記事:

LGがセカンドディスプレイを搭載したLG V20を正式発表!スペックまとめ!

auが2016年秋冬モデルとしてXperia XZとLG V20の日本版Isai Beatを発表!

ドコモが2016-2017冬春モデル発表!Xperia XZやXperia X Compact、LG V20日本版も!

スポンサードリンク

 




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yuna

スマホ好きが高じてスマホサイトを立ち上げました。 常にiPhoneとAndroidの2台持ち(現在はAndroid2台の3台持ち)。 日頃は得意の英語を生かして海外のスマホネタもチェックしています。

-LG
-, ,

© 2022 スマホおすすめ情報館