iPhone

2020年発売のiPhoneは3モデルすべて5G対応か

2020年発売のiPhoneは3モデルすべて5G対応か

5G対応の機種が少しずつ発売されてきていますが、アナリストのミンチー・クオ氏は2020年に発売されるiPhoneは3モデルすべてが5Gに対応すると予想しています。

新しい3モデルすべてで5G対応

クオ氏は元々、3モデル中2モデルが5Gに対応すると述べていましたが、今は3モデルすべてが5Gに対応すると言っています。

理由は低価格帯のAndroidに対抗するためで、Intelを買収したことにより5GiPhoneを開発するリソースが増えたとしています。

2020年のiPhoneが3モデルすべてで5Gになる理由は下記の通りです。

(1)インテルのベースバンド事業買収後、5G開発リソースが増えた。

(2)5G対応Androidスマートフォンの価格が2020年には、249〜349ドルに下がると予想される。ただし、249〜349ドル価格のAndroidはサブ6GHz帯しかサポートしないものと思われる。

しかし重要なのは、消費者が5G対応を重要視することだ。従い、それよりも高い価格で発売されるiPhoneはキャリアの補助金などを得て消費者の購買意欲を獲得するには5G対応が必須になる。

(3)5G開発の後押しはAppleのAR(仮想現実)に利益をもたらす

5G対応iPhoneは2バージョン?

クオ氏は2020年に発売されるiPhone3モデルが5Gに対応するとしながらも、実はそこまでリソースはないのではないか、とも述べています。

Appleはサブ6GHzしかもたない、中国市場などへ低価格帯でサブ6GHzのみに対応するiPhoneを発売するかもしれません。

しかし、サブ6GHz帯のみに対応する5G iPhoneと、サブ6GHz帯とミリ波帯の両方に対応する5G iPhoneはファームファクタデザインが同じでも異なるプロジェクトとみなされる。

5Gについて明るくない人にはわからないが、実際には5Gと言っても2種類の5Gがある。

農村部や地方都市ではサブ6GHz 5Gという中帯域〜低帯域で使用されます。

それでも4Gよりは早いがミリ波帯とは比べ物になりません。

AppleがIntelを買収したとはいえ、2020年発売のiPhoneに搭載されるのはQualcommです。

Appleは自社モデルチップの開発に取り組んでいますが、その技術は2021年まで準備は出来ません。

 

Source:MacRumors

 




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yuna

スマホ好きが高じてスマホサイトを立ち上げました。 日頃は得意の英語を生かして海外のスマホネタもチェックしています。

よく読まれている記事

これは即アンインストール!Androidの危険アプリ一覧! 1

Androidスマホは危険なアプリが多いって本当? なんでそんなに危険アプリが多いの? 危険アプリが多かったらどうしたらいいの? 格安スマホが多くなったために、Androidユーザーが一気に増えました ...

Androidの危険アプリの見分け方!これでバッチリ! 2

スマホに欠かせないのがアプリ。 アプリを探していて、「このアプリいいな」と思っても安全なアプリなのかわからなかったりする時があります。 そんな時に、「このアプリは大丈夫かな?」と心配になりことってあり ...

【2020年】スマホのおすすめの冷却グッズ5選! 3

スマホを使っている時、または充電をしている時にスマホが熱い!と思ったことはありませんか? スマホが熱をもつことは多々ありますが、これから夏を迎え外気が暑くなってくるとスマホは余計に熱くなってきます。 ...

安心して購入できるおすすめ白ロム販売店7選!ここなら間違いナシ! 4

  もしそう悩んでいるのなら、中古スマホ(白ロム)で解決することができます。   はてな 中古スマホって怖くない? 怪しいアプリとか仕掛けられてるんじゃない? 白ロムという言葉も聞 ...

-iPhone
-,