動画あり!サムスンが次世代スマホディスプレイを発表!より高解像度に

サンフランシスコでサムスンが次世代スマートフォンディスプレイとして、5.5インチ、806ppiピクセルのディスプレイを発表しました。

次世代スマホディスプレイはより高解像度になるだけでなく、ブルーライトカットにもなるそうです。

サムスン次世代スマホディスプレイ

スポンサードリンク

サムスンの次世代スマホディスプレイとは

先日、サムスンの次世代スマホディスプレイとして、巻物のようにグルグル巻ける!という画像が話題となりました。

ですが、本日お伝えする次世代スマホディスプレイは、もっとスペック的なものになります。

サムスンが発表した次世代スマホディスプレイは、今日使われているディスプレイより44.7%高解像度となり、2160 x 3840ピクセルとなるそうです。

すごい解像度ですね。Xperia Z5 Premium解像度より更に上です。

そして、画面に更に奥行きを出すとのこと。

また、サムスンの『バイオブルー』と呼ばれるAMOLEDスクリーンの技術で、ブルーライトが現在の32%から6%に大幅カットされるそうです。

これは、現在AppleのiOSが搭載しているNight Shift featureに良く似ています。

動画もあるのでご紹介しますね。

スポンサードリンク

次世代ディスプレイはいつから使用される?

気になるのは、この次世代ディスプレイがどの機種から使用されるか?ですよね。

次にリリースされると言われているのが、Galaxy Note7ですが、Galaxy Note7はディスプレイサイズが5.8インチと言われています。

ですが、発表された次世代ディスプレイは、それより0.3インチ小さい5.5インチです。

そのため、Galaxy Note7では搭載されず、Galaxy S8で見ることができるのではないか、とPhone Arenaは伝えています。

早く次世代ディスプレイを見てみたいですね。

source:Phone Arena

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする