【更新有】新しいiPhoneへ機種変する!iPhoneからiPhoneへデータ移行する方法

新しいiPhoneへ機種変する!iPhoneからiPhoneへデータ移行する方法

9月12日に新iPhoneが発表されることが明らかになりました。

そこで、現在のiPhoneから新しいiPhoneへデータ移行する方法をパソコンを使用した方法とiPhoneのみで行う場合、それぞれの方法をご紹介します。

スポンサードリンク

iPhoneのデータ移行で注意すること

iPhoneのデータ移行で注意すること

iPhoneからiPhoneのデータ移行自体は、それほど難しくはありませんが、FacebookとLINEに関しては事前に注意が必要です。

FacebookとLINEに関しては、別記事にてご紹介したいと思います。

また、iTunesで購入した音楽は新しいiPhoneでも問題ありませんが、自分でCDなどから保存した音楽に関しては別途データ移行する必要があります

こちらに関しても、別記事にてご紹介したいと思います。

iPhone機種変に使える!iPhoneで使えるUSBメモリー4選!

ゲームに関してもゲームによっては準備が必要な場合がありますので、各ゲームでバックアップを取って下さい。

パソコンを使ったデータ移行方法(iTunes)

WindowsパソコンまたはMacを持っている方はiTunesを利用してデータ移行をすることができます。

iTunesは下記からダウンロードできます。

iTunesのダウンロード

パソコンとiPhoneをLightningケーブルで接続し、iTunesを立ち上げます。

ほとんどの場合は、iPhoneを接続した時点で自動的にiTunesが起動すると思いますが、起動しない場合は自分で起動させて下さい。

起動したiTunesの画面をiPhoneのバックアップ画面にするには、画面上部にあるiPhoneのアイコンをクリックします。

iTunesを利用したiPhoneのデータ移行方法

iPhoneのバックアップ画面になったら、まずiTunesとiOSが最新バージョンになっているかを確認して下さい。

最新バージョンでない場合は、最新にして下さい。

また、iPhoneの設定で「iPhoneを探す」はオフにしておく必要があります。

iTunes、iOS共に最新となっていて、”iPhoneを探す” がオフになっていることを確認したら、iPhoneのバックアップを取ります。

iTunesで “バックアップ” 欄の 「今すぐバックアップ」 をクリックします。

iTunesを利用したiPhoneのデータ移行方法

しばらくするとバックアップが終わりますが、途中で下記のような表示が出た場合は、「Appのバックアップを作成」をクリックします。

iTunesを利用したiPhoneのデータ移行方法

バックアップが完了したら、iTunesの “バックアップ” 欄の 「バックアップを復元」 をクリックします。

iTunesを利用したiPhoneのデータ移行方法

すると、次のような表示が出るので、「復元」をクリックします。

iTunesを利用したiPhoneのデータ移行方法

後は、iPhoneで指示に従って操作すればデータ移行は完了です。

なお、iTunesではバックアップできないものもあります。

下記はiTunesでバックアップできないので注意して下さい。

iTunesでバックアップできないものは下記となります。

  1. App Store・iTunes Storeからダウンロードしたアプリやコンテンツ
  2. iBooksに直接ダウンロードしたPDF
  3. iTunesから同期したコンテンツ(曲や写真)
  4. 着信音
  5. iCloudフォトライブラリなどに保存された写真・ビデオ
  6. Touch IDのデータ
  7. Apple Payの情報と設定
  8. ヘルスケアアプリの情報
  9. Safariなどで保存したパスワード(キーチェーン)
  10. Safariの履歴
  11. Wi-Fiの設定

スポンサードリンク

iPhoneだけでデータ移行する方法(iCloud)

手元にパソコンがない場合は、iCloudを利用してデータ移行することができます。

iCloudでバックアップできるものは下記となります。それ以外はバックアップできませんので注意して下さい。

  1. アプリ・曲・映画・ブックの購入履歴
  2. 写真とビデオ(iCloudフォトライブラリ無効時)
  3. デバイスの設定
  4. アプリのデータ
  5. ホーム画面の配置
  6. SMS・MMS・iMessageのメッセージ
  7. 着信音
  8. ビジュアルボイスメールのパスワード
  9. 動作状態データ
  10. ホームキットの構成

iTunes同様、自分でデータ移行した音楽、Wi-Fi設定などはバックアップされません

iCloudでデータ移行するのは簡単ですが、無料で使えるのは5GBまでとなりますので注意して下さい。

なお、5GB以上となった場合のiCloudの料金は下記の通りです。

5GB 無料
50GB 130円
200GB 400円
2TB 1,300円

iCloudへのバックアップの取り方は、iPhoneの「設定」をクリックします。

iCloudを利用したiPhoneのデータ移行方法

続いて、Apple IDへログインします。

iCloudを利用したiPhoneのデータ移行方法

Apple IDへログインしたら、「iCloud」をタップします。

iCloudを利用したiPhoneのデータ移行方法

iCloudでバックアップを取りたいものを右側へスライドし緑色にします。

これで良ければ、「iCloudバックアップ」をタップします。

iCloudを利用したiPhoneのデータ移行方法

次のiCloudの画面で、iCloudバックアップがオン(緑色)になっていることを確認したら、「今すぐバックアップを作成」をタップします。

iCloudを利用したiPhoneのデータ移行方法

これでiCloudでバックアップできましたので、後は新しいiPhoneの設定からiCloudへログインし、バックアップから復元します。

iPhoneのバックアップは機種変時だけでなく、iPhoneが急に故障した時などにも必要となりますので、定期的にバックアップを取っておくことをおすすめします。

今回の記事に関連する記事:

【2017年版】iPhoneの音楽バックアップや容量不足に!iPhoneで使えるUSBメモリ4選!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コード スニペットをコピー