プラスワンがFREETELスマートフォンはバックドアの心配はない、と発表

極 KIWAMI2が買いな人

先日、中国製スマホにバックドアが発見された件を受け、プラスワンがFREETELのスマートフォンはバックドアの心配がないことを発表しました。

スポンサードリンク

FREETELのスマホはバックドアの心配なし!

FREETELのスマートフォンは、「国産品質」と言われていますが、製造は中国の工場で行われており、以前から「FREETELのスマホにはバックドアがついている」と言われていました。

そこへ、先日のShanghai Adups Technology社のFOTAアプリにバックドアが発見され、中国のサーバーに個人情報が送られていることが報じられました。

そこで、本日、プラスワンは、「FREETELの一部機種に、Shanghai Adups TechnologyのFOTAを採用しているが、徹底的な調査の結果、個人情報流出はない」と発表しました。

Shanghai Adups Technology社のFOTAでは7億人の個人情報が流出されていると言われており、ZTEやHuaweiも名前が出ていましたが、ZTEはアメリカ、日本で発売されている機種はバックドアはない、と表明しています。

これに続き、プラスワンもバックドアの心配がない旨発表しましたので、FREETELユーザーの方は安心ですね。

FREETELは、KIWAMI2を12月22日から、RAIJIN(雷神)を2017年1月27日、Priori4も2017年1月27日から発売することが発表されましたので、KIWAMI2やRAIJINの購入を考えている人は、バックドアの心配をする必要はありませんね。

sauce:FREETEL

今回の記事に関連する記事:

【更新】中国製スマホがヤバい!ファームウェアのバックドアで情報が中国サーバーへ送信!その危険性とは

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする