ANAがXperia XZベースのANA Phoneを発表!ソフトバンクで買うのとどちらがお得?

ANAがXperia XZベースのマイルの貯まるANA Phoneを発表

(C)ANA

全日本空輸(ANA)がソフトバンク傘下のSBパートナーズと、Xperia XZをベースとしたANA Phoneを12月上旬から発売することを明らかにしました。

スポンサードリンク

ANA Phoneとは

ANA Phoneは、インターネット回線をソフトバンク傘下のSBパートナーズ(MVNO)を利用したサービスとなります。

そして、毎月の利用料金に応じた、ANAのマイルが貯まるということで、ANAマイレージカードを持っている方にはとても嬉しいサービスですね。

ANA Phoneのマイレージの貯まり方

(C)ANA

マイルの貯まり方は、料金プランに応じて、毎月自動的に積算され、最大600マイルまで貯まるそうです。

月600マイル貯めるには、「スマ放題(PT)30GBプラン」の場合となりますが、月600マイルの場合は2年間で14,400マイル貯まり、また、ANAの国内線・国際線問わず1区間登場する度に、1回につき4000マイルがボーナスとして加算されます。

このボーナス加算マイルは2年間で最大5回まで加算されるということです。つまり、スマホを使用するだけでもマイルが貯まるのに、ANAに搭乗した際には通常の飛行マイルの他にサービスマイルが貯まるので、とってもお得ですね。

2年間で最大34,400マイル貯まるとなると、韓国線であれば無料で旅行できます。

また、機種はXperia XZベースですが、ANA Phoneオリジナルのホーム画面と壁紙となり、時間によりデザインが変わるそうです。

その他にも、ANAの就航する89都市から、任意の2都市を選んで、その都市の時間と気温、天気を表示することができます。

ANAがXperia XZベースのマイルの貯まるANA Phoneを発表

(C)ANA

出張の多いサラリーマンや、度々海外へ訪れる方にはとても便利ですね。

ちなみに、発売される色はソフトバンクと同じ、ミネラルブラック、プラチナ、フォレストブルー、ディープピンクの4色です。

ANA Phoneのプラン

ANA Phoneの料金プランは下記のようになっています。

ANA Phoneのプランと料金

24時間国内通話無料のスマ放題と、1回5分以内の国内通話無料のスマ放題ライトの2種類の通話プランにデータ通信が加算となります。

ANA Phoneの料金プラン一覧は下記のようになります。

ANA Phoneのプランと料金

(C)ANA

スポンサードリンク

月600マイル貯めるには30GBプランとなりますが、最低の2GBプランでも月300マイルは貯まります。

ただ、お気づきのようにMVNOにある、データ通信のみというプランがありません。必ず通話プランがついてきます。

そして、機種代金が表記されていないので、断言はできませんが、恐らく機種代金込みとなるのではないかと思われます。

また、契約は2年契約となり、契約は自動継続となるそうです。2年契約のないフリープランはありません。

でも、この料金って、「本当にMVNO?」と思いますよね。高いです。

また、”スマ放題” や “スマ放題ライト” という名称がソフトバンクそのままですね。

ソフトバンクの料金と比較

ソフトバンクのスマ放題の料金を見てみると、下記のようになっています。

ANA Phoneとソフトバンクの料金比較

料金を合計すると下記のようになります。

スマ放題+データ通信量 ANA Phone ソフトバンク
2GB 6,500円 6,500円
5GB 8,000円 8,000円
20GB 9,000円 9,000円
30GB 11,000円 11,000

機種代金は考えないで、単なる通話料とデータ通信量のみの比較となりますが、ANA Phoneの料金はソフトバンクと全く同じですね。

逆に、ソフトバンクはデータ通信量が1GBからあるのに対し、ANA Phoneは2GBからとなります。

もし、ANA Phoneが機種代金込みであれば、ANA Phoneの方が機種代分のみ安いということになります。

ちなみに、Xperia XZの機種代はまだ発表されていないので、Xperia X Performanceの機種代金を見ると、下記のようになります。

MNP 新規 機種変
機種代金(24回払いの場合) 3,880 ×24ヵ月
93,120円)
3,880 ×24ヵ月
93,120円)
3,880 ×24ヵ月
93,120円)
月月割 3,430 ×24ヵ月
82,320円)
2,400 ×24ヵ月
57,600円)
2,400 ×24ヵ月
57,600円)
実質負担額 10,800円 35,520円 35,520円
月々機種代金 450円 1,480円 1,480円

ANA Phoneにする人は、他社からのMNPかもしくは新規のみとなりますよね。

MNPの場合、月々機種代は450円、新規は1,480円となるので、Xperia XZの料金がこれと似たものであれば、月々の代金はMNPで450円程度、新規で1,480円程度ANA Phoneの方が安いということにはなります。

しかし、データ通信量が1GBでいい人には、2GBプランからしかないANA Phoneは逆に高くなります。

こうやって見ると、機種代分が安いというだけで料金的にはソフトバンクと同じです。ただ、回線がソフトバンクのMVNOということで、速度がどれくらい出るかが気になりますね。

MVNOはあくまでも、”間借り” なので、親元の回線の速度と同じにはなりません。

そうすると、ANA Phoneは、ANAのマイレージが貯まりやすくはなっているものの、料金的メリットはないと言えますね。

なので、ANAマイレージバンクに加入している人で、ANAを良く利用される方はANA Phoneはマイルが貯まる分お得ですが、ANAマイレージに加入していても普段あまり利用していない人は、メリットは多少あるくらいとなります。

ただ、このANA Phoneの支払いをANAカードでした場合のマイルの貯まり方は良いかもしれません。

なお、ANA Phoneは11月2日(水)午前10時よりWEBにて受付開始となり、販売は12月上旬ということです。

sauce:ANAソフトバンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする