iPhone11

iPhone11はアップルペンシル非対応で双方向ワイヤレス充電機能も非搭載?

iPhone11はアップルペンシル非対応で双方向ワイヤレス充電機能も非搭載?

AppleがiPhone11を発表するまで後わずか。

そこで、アナリストのミンチー・クオ氏が最後のiPhone11の予想を発表しました。

スポンサードリンク

アップルペンシル、双方向ワイヤレス充電機能もなし

iPhone11と言えば、無印iPhone11以外のアップルペンシルサポート、そして双方向ワイヤレス充電が目玉と思われてきました。

しかし、クオ氏によるとiPhone11はアップルペンシルをサポートせず、USB-Cに変更はしないと言います。

ただし、5.8インチと6.5インチモデルには高速充電器が同梱されると言います。

双方向ワイヤレス充電は、iPhone11の傑出した機能の一つに思えますが、「充電効率がAppleの要件を満たさないため採用しない可能性がある」とクオ氏は言います。

双方向のワイヤレス充電によりiPhoneの上にAirPodsを置いて充電することができます。

クオ氏は当初、iPhone11は双方向ワイヤレス充電に対応するために、より大きなバッテリーを搭載すると予想していました。

Bloombergのマーク・ガーマン氏はAppleがこの機能を搭載することに苦労していると述べています。

高速充電器を同梱

また、クオ氏はiPhone11は高速充電器を搭載する、という報告を裏付けています。

クオ氏は5.8インチと6.5インチのiPhoneにUSB-Cを備えた18W電源アダプタがバンドルされると言います。

しかし、6.1インチのiPhone XR後継機種は5W USB-A充電器のままだと言い、3モデルともLightning接続である点は同じです。

クオ氏は、画面にノッチのあるデザインは変わらないとし、新しい色を導入すると述べています。

最後に出荷台数について、「圧倒的なセールスポイント不足」により、iPhone11の出荷台数は2019年は前年比5〜10%減少の6,500万台〜7,000万台になると予想しています。

ただし、2019年通年でのiPhone出荷台数は1億8,000万台に達する可能性があります。

 

Source:9to5Mac

 




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yuna

スマホ好きが高じてスマホサイトを立ち上げました。 常にiPhoneとAndroidの2台持ち(現在はAndroid2台の3台持ち)。 日頃は得意の英語を生かして海外のスマホネタもチェックしています。

-iPhone11
-

© 2022 スマホおすすめ情報館