iPhone12

2020年のiPhoneはiPhone4似のクラッシックデザインに?

2020年のiPhoneはiPhone4似のクラッシックデザインに?

MacRumors

iPhone11が発売されたばかりではありますが、業界ではすでに来年のデバイスの話になっています。

著名アナリスト、ミンチー・クオ氏によると2020年に発売されるiPhoneはiPhone4を思わせる、新しい金属フレームによるデザインになるといいます。

iPhone4のような金属フレーム

クオ氏は2020年のiPhoneはデザインを大幅に変更する、としています。

金属フレームと2 / 2.5Dガラスは引き続き使用されますが、金属フレームの表面はiPhone 4と同様のデザインになります。

ジョニー・アイブ氏のデザインしたiPhone4は、二枚の強化ガラスに挟まれた角のあるアルミフレームのコンセプトを導入した最初のスマートフォンで、このデザインは今もスマートフォン業界で様々にコピーされています。

AppleのiPhoneにはいくつかの変更が加えられています。

最新のiPhone11は、オールガラスの筐体にディスプレイの丸い角を囲むアルミフレームを使用し、iPhone11 Proは耐久性のあるステンレスに包まれたマットガラス素材となっています。

また、iPad Proに異なるデザインを採用しました。iPad ProはよりiPhone4を連想させるデザインになっています。

2020年のiPhoneフレームに高周波数帯の電波を妨害しないよう溝が設けられた複雑な構造で作られる。

コストは大幅増

2020年のiPhoneの設計変更により大幅に上昇し、金属フレームは最大50〜60%、ガラスパネルは最大40〜50%の増になるとクオ氏は考えています。

溝付ガラスが強化ガラスで作られている場合、金属フレームが25〜35%、ガラスパネルは20〜30%に抑えられるだろう、としています。

デザイン変更と5Gサポートで売上台数は増加

新しいデザインがセールスポイントとなり、5GをサポートすることでiPhoneの出荷台数が2019年モデルの7500万台から2020年モデルは8500万台になるだろう、と予想しています。

3D ToFカメラが搭載か

来年はOLEDディスプレイを備えた5.4および6.7インチのハイエンドiPhoneと、OLEDディスプレイを備えた6.1インチモデルをリリースすると考えています。

背面には3D ToFカメラを搭載するとも考えています。

来年はすべてのモデルが5Gをサポートするともしています。

 

Source:MacRumors




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

yuna

スマホ好きが高じてスマホサイトを立ち上げました。 日頃は得意の英語を生かして海外のスマホネタもチェックしています。

よく読まれている記事

これは即アンインストール!Androidの危険アプリ一覧! 1

Androidスマホは危険なアプリが多いって本当? なんでそんなに危険アプリが多いの? 危険アプリが多かったらどうしたらいいの? 格安スマホが多くなったために、Androidユーザーが一気に増えました ...

Androidの危険アプリの見分け方!これでバッチリ! 2

スマホに欠かせないのがアプリ。 アプリを探していて、「このアプリいいな」と思っても安全なアプリなのかわからなかったりする時があります。 そんな時に、「このアプリは大丈夫かな?」と心配になりことってあり ...

【2020年】スマホのおすすめの冷却グッズ5選! 3

スマホを使っている時、または充電をしている時にスマホが熱い!と思ったことはありませんか? スマホが熱をもつことは多々ありますが、これから夏を迎え外気が暑くなってくるとスマホは余計に熱くなってきます。 ...

安心して購入できるおすすめ白ロム販売店7選!ここなら間違いナシ! 4

  もしそう悩んでいるのなら、中古スマホ(白ロム)で解決することができます。   はてな 中古スマホって怖くない? 怪しいアプリとか仕掛けられてるんじゃない? 白ロムという言葉も聞 ...

-iPhone12