iPhone7 Plusのスペック最新情報!iPhone7との違いも明らかに

今年秋にリリースされると言われている、AppleのiPhone7シリーズですが、iPhone7とiPhone7 Plusのケースが流出したことで、無印のiPhone7との違いも明らかになりました。

現段階で明らかになっているiPhone7 Plusのスペックをまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

iPhone7 Plusはデュアルカメラ

iphone7plus最新スペック情報

(C)9to5Mac

iPhone7 PlusはiPhone7と比べてカメラが大きくなり、デュアルカメラになるようです。

以前から、「iPhone7 Plusのみがデュアルカメラになるのは?」と言われていた情報と一致しますね。

対してiPhone7は現在のiPhone6sよりわずかなアップグレード程度と見られています。

iPhone7 PlusはHuaweiやLGのデュアルカメラに対抗するものと思われます。

スポンサードリンク

スマートコネクター搭載はiPhone7 Plusのみ

こちらも以前、図面がリークされた際に、iPhone7 Plusはスマートコネクター搭載になる、と言われていましたが、その通りのようです。

スマートコネクターはiPhone7には搭載されず、iPhone7 Plusのみとなるようですね。

スマートコネクターは、外付けキーボード「Smart Keyboard」の接続が出来るだけでなく、スマートコネクターを介して「Smart Keyboard」への電力の供給を行えると同時にキーが押された場合の信号なども受信できるというもの。

iPhone7 PlusはiPhone7に比べて画面も大きくなるので、iPad Proで搭載されたスマートコネクターを搭載することで、より使いやすくするものと思われます。

確かに、サイズの大きい端末だと、手に持って入力をするのはなかなか大変なので、外付けキーボードが使えるととても便利ですよね。

スマートコネクターの搭載は無印iPhone7とiPhone7 Plusの価格差を埋める一番の機能になるだろう、と言われています。

RAMと容量の違い

iPhone7とiPhone7 Plusの違いはデュアルカメラとスマートコネクターだけの違いだけではなく、その他にも違いがあるようだと言われています。

そのうちのひとつがRAMです。

以前から、iPhone7とiPhone7 PlusのRAMについて噂は出ていましたが、どれも明確なものがなく、今ひとつはっきりしなかったのですが、今回の情報によると、iPhone7はRAMが2GB、iPhone7 Plusは3GBとのことです。

最近のフラッグシップモデルでは、RAMが3GBは当たり前になってきているので、iPhone7 Plusが最新フラッグシップモデルに対抗と考えて良さそうですね。

そして、こちらも色々な情報が出ていた容量ですが、iPhone7は16GBからで、16/64/128GBという展開となり、対するiPhone7 Plusは32GBからで、32/128/256GBと言われています。

従来のiPhone6sとiPhone6s Plusでは画面の大きさ以外の違いというのがあまりなかったのですが、iPhone7とiPhone7 Plusでははっきりと差を見せつけて来ましたね。

そして、それにより市場を広げてきているAndroidスマホとの対抗する姿勢も見えて来ました。

まとめると、iPhone7はエントリーモデル。iPhone7 Plusはフラッグシップモデルということになりそうです。

source:Yahoo Finance UK , M.I.C Gadget

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする