Galaxy Note7は虹彩認証搭載になる?

2016年夏に発売されると噂される、サムスンのGalaxy  Note7。

先日、次期Galaxy Noteの情報として、『次のGalaxyはGalaxy Note6ではなくGalaxy Note7として発売?』をお伝えしましたが、本日、そのGalaxy Note7の新しい情報が入ってきました。

それは、『次期・Galaxy Note7には虹彩認証が搭載になるかもしれない』というものです。

Galaxy Note7は虹彩認証搭載?
(C)mobilescout

スポンサードリンク

Galaxy Note7は虹彩認証搭載になる?

サムスンが虹彩認証を搭載するのは、実は初めてではありません。

インドでGalaxy Tab Irisを開発しています。

ですが、このGalaxy Tab Irisは一般消費者向けではなく、金融機関や入国管理などビジネスシーン向けのものです。

しかし、mobilescoutによると、サムスンは、韓国だけでなくアメリカでも、”Galaxy Iris”及び”Galaxy アイプリント”を商標登録しているそうです。

それに先立ち、EUでも既に、”Galaxy Iris”及び”Galaxy アイプリント”の商標登録を済ませているとか。

商標登録する、ということは使用用途がビジネスのように限定されたものでなく、一般向け商品として発売されることを意味しています。

その事から、次にサムスンが打ち出してくるGalaxy Note7で虹彩認証が搭載されるのではないか?と言われています。

まだ、サムスンが発表した訳ではなく、あくまでも予想ではありますが、富士通が既に”ARROWS NX F-04G”で虹彩認証を搭載したスマートフォンを発売していることからしても、出てもおかしくないものではあります。

虹彩認証ってどんな認証?

では、その虹彩認証とは一体どんな認証システムでしょうか。

虹彩認証は、指紋認証と同じく生体認証のひとつとなり、瞳に現れる皺のパターンを認識するものになります。

この瞳の皺というのは、生まれる前から形成され、2歳を過ぎるとほとんど変化しない、と言われているそうです。

つまり、変えようのない指紋と同じですね。指紋認証の瞳バージョンです。

サムスンのGalaxy Tab Irisの虹彩認証機能の精度がどれくらいかはわかりませんが、瞳の皺を認証するということから、どうしても光には弱いようですね。

日常使いだと、真夏の空の下は苦手なようですし、最近若い女性に人気のカラーコンタクトも苦手なようです。

とはいえ、指紋のように指をかざさなくてもいい、というのは楽ではあります。

スマートフォンにおいて、指紋認証搭載が普通になってきている今では、虹彩認証が搭載となってもおかしくありませんね。

スポンサードリンク

Galaxy Note7ってどんなスペック?発売時期は?

では、その虹彩認証が搭載になるかもしれないと噂されているGalaxy Note7とはどんなスペックなのでしょうか。

現在、わかっている情報をまとめてみました。

ディスプレイ 5.8インチ
解像度 2560×1440
RAM 6GB
CPU Exynos 8 Octa 8890
カメラ 1200万画素
OS Android N(Android 7.0)

フラッグシップファブレットですね。

解像度などは、フラッグシップモデルで搭載されている画素数ではありますが、メモリの6GBというのがすごいです。

最近のフラッグシップスマホでも、3GBあれば大きい方です。4GBと言ったらすごい!そんな中で6GBというのは、驚きしかありません。

また、その他にもIP68相当の防塵防水性能を備え、カメラは光学式手ぶれ補正機構を備えているとも言われており、非常に楽しみな端末と言えます。

発売時期に関しては、OS・Android N(Android 7.0)が今年の夏から秋に出ると言われているので、Galaxy Note7もその時期になると思われます。

ちなみに、国内での発売は未定ですが、発売されるとしたらドコモから発売になるのでは?と言われています。

今後のGalaxy Note7の情報が楽しみですね。

source:mobilescout

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コード スニペットをコピー