Galaxy Note7、本体・スクリーン硬度ともに耐久性がないという結果に!

発売から一ヶ月たたずに、「2016年下半期のAndroidベストスマホ」と称されているGalaxy Note7。

使い勝手の良いファブレットサイズで高スペックとあり、人気も高いのですが、そのGalaxy Note7と前モデル・Galaxy Note5、そしてiPhone6sの落下テストとスクリーンテストの結果、本体・ディスプレイともに耐久性に乏しいということがわかりました。

スポンサードリンク

Galaxy Note7の落下テスト

今回の落下テストはYou Tuberが独自に試したもので、対象機種機種はGalaxy Note7、そして前モデルであるGalaxy Note5、そしてiPhone6sの3機種となります。

まずは、動画からご覧下さい。

テストは、様々な高さ・角度から対象機種を落下させたものとなります。

Galaxy Note7落下テスト

最初のテストは成人男性の腰の高さから縦の状態で落下させました。

この落下では、Galaxy Note5がフレーム角に小さな傷が出来、Galaxy Note7ではSペン部に破損が見らたものの、背面やディスプレイは無傷でした。

なお、iPhone6sは傷がどこにも見られませんでした。

次に、成人男性の腰の高さから背面からの落下テストです。

この落下テストでは機体への損傷の差が激しくなりました。

まず、Galaxy Note7は背面に大きなひび割れが多数入ったものの、Galaxy Note5では目立った大きな傷や割れは見られませんでした。

iPhone6sに関してもひび割れや大きな傷は見られず、この時点でGalaxy Note7はかなりのダメージを受けました。

次の落下テストは、スマートフォンを使用していて一番想定される、肩の高さからの落下テストです。

Galaxy Note7落下テスト

肩の高さというのは、通話で使用している時に落とす高さですよね。この高さから3機種を落としてみると、やはりGalaxy Note7が一番ダメージが大きく、ひび割れはどんどん進んでいます。

対するGalaxy Note5は背面に傷はついたものの、ひび割れまでには至っていません。iPhone6sに関しては擦り傷のようなものが出来た程度です。

そして、今度は肩の高さから、ディスプレイを下にして落としてみました。

すると、Galaxy Note5はディスプレイにはほとんど傷がつかなかったことに対して、Galaxy Note7はディスプレイが大きくひび割れました。

なお、動作に関しては問題なく動作はしています。

そして、同じ状況でiPhone6sを落としてみると、ディスプレイがひび割れましたが、動作は問題なく動作していました。

最後に脚立の上に乗った高さからの落下です。

階段の上から下に落とした、など結構ありそうなパターンですね。

このテスト結果、外傷としてはGalaxy Note7が一番激しく、Galaxy Note5もさすがにひび割れが生じました。そしてiPhone6sはホームボタンが外れかかり、ディスプレイにもひび割れが生じました。

ちなみに、このテストの結果、3機種とも動作しなくなりました。

Galaxy Note7落下テスト

何回かの落下テストの結果、Galaxy Note7が一番衝撃に弱く、傷つきやすくひび割れもすぐに生じます。

デザインや性能に関してはGalaxy Note5よりかなりの進化を遂げたと言えるGalaxy Note7ですが、耐久性に関しては残念ながら落ちてしまいました。

でも、びっくりしたのはiPhone6sの強度ですね。

「iPhoneは弱い」など、という声を良く聞くので、一番衝撃が大きいのではないかと思っていたのですが、意外にも3機種の中では一番の強度を誇りました。

スポンサードリンク

Galaxy Note7のスクリーン硬度テスト

次に、ゴリラガラス5を採用した、Galaxy Note7のディスプレイガラス硬度のテストです。

まずは動画からご覧下さい。

ディスプレイ硬度は1〜10で表され、最高高度10はダイヤモンドの硬さに匹敵するそうです。

一般的なガラス硬度は5とされ、iPhoneで使用されているサファイアガラスの硬度は9となり、かなり硬いことがわかります。

Galaxy Note7のゴリラガラス5の硬度テスト

(C)Apple Insider

では、ゴリラガラス5を採用したGalaxy Note7の硬度はというと、なんと硬度3の硬度計で傷がつきました

一方、市販のGalaxy Note7のガラスフィルムは硬度5で傷がつきました

このディスプレイの弱さは、先ほどの落下テストともあいますね。

Galaxy Note7のゴリラガラス5の硬度テスト

(C)Apple Insider

ということは、Galaxy Note7のゴリラガラス5は市販のガラスフィルムより弱いということになりますよね。

この実験をしたJerryRigEverythingは、ゴリラガラス4を採用したiPhone5sのスクリーンガラスの硬度が6.8であること、また一般的なスマートフォンのスクリーンガラスの硬度は6であることから、Galaxy Note 7のスクリーンガラスの硬度はプラスチック以下である、と評しています。

プラスティックの硬度って意外と高いのですね。

ちなみに、このゴリラガラス5はまもなく発表となる、AppleのiPhone7にも採用される可能性もあるので、少し心配ですね。

しかし、ゴリラガラス4を採用したiPhone5sより弱いというのは少し不思議ですね。

どちらにしても、落下テスト、ディスプレイ硬度テストともに、Galaxy Note7はかなり耐久性に乏しいという残念な結果に終わってしまいました。

source:mobilescoutApple Insider

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする