スマホおすすめ情報館

スマートフォンのおすすめ機種や最新機種情報のスマホ情報サイトです。iPhone、Androidのスペックからはもちろん自分の使い道にあった最適なスマホが見つかります。ドコモやau、ソフトバンクの大手キャリアはもちろんSIMフリー端末情報もチェックできます。

台湾でXperia XZが45分で売り切れ!しかし、バッテリー持ちはiPhone7以下

台湾でXperia XZが45分で売り切れるもバッテリー持ちはiPhone7以下

イギリスで予約発売になったのを皮切りに、アメリカや台湾でも予約開始となったソニーのXperia XZ。

そんなXperia XZが45分で予約完売になるという嬉しい話題と、バッテリー持ちがiPhone7を大きく下回るという残念な話題が入って来ました。

スポンサードリンク

台湾でXperia XZが45分で完売!

台湾でXperia XZが45分で売り切れ!

(C)Xperia Blog

日本では、発売が決まりながらも、まだ発表もされていないXperia XZ。

イギリスでは既に予約開始となっており、お隣・台湾では10月20日から予約開始となったそうですが、なんと45分で完売となったそうです。

つい最近では、iPhone7とiPhone7 Plusのブラック系が予約の段階で売り切れというニュースがありましたが、Xperia XZもかなりの人気のようですね。

それにしても、イギリスではXperia XZ予約でソニー製ヘッドホンが貰えましたが、台湾では、ケースや充電器などが貰えたんですね。

こういった、製品の販売にプレゼントをつける、というのは日本では行われないため、「プレゼント目当て?」と思う方もいるかもしれませんが、諸外国ではこういった販売方法は普通に行われていることです。

今は日本ではなくなりましたが、日本では携帯やスマホが「実質0円+キャッシュバック○円!」なんていうのが行われていましたが、それと同じなのですね。

それに、日本の「実質0円+キャッシュバック」は転売目的やMNP弾のために購入する人もいましたが、プレゼントがついてくるだけでは、プレゼントは売ってもあまり得しませんね。

なので、純粋にXperia XZに興味を持っているユーザーが多いということと見て間違いありません。

日本人にとって、ソニーは国産で普通にあるものですが、海外ではソニーというのはハイブランド扱いです。

それは昔のオーディオ系だけでなく、現代のスマホにおいてもそうで、お隣の韓国ではサムスンが世界的に頑張っていますが、「日本にはソニーという素晴らしいメーカーがあるけれど、韓国にはサムスンしかない」という韓国人もいます。

「韓国でソニーのスマホが買えたら」と言われたことも韓国生活中、何回もありました。

アメリカでも最近は韓国製が頑張っていますが、少し前まではソニー製で溢れ、ソニーのオーディオは大人気でした。

それは、SONAMと言ってソニーオブアメリカを1960年に設立したことからも明らかです。

昔も今も、海外でのソニー人気は衰えていないのですね。

Xperia XZのバッテリー持ちはiPhone7を大きく下回る

Xperia XZのバッテリー持ちはiPhone7を大きく下回る

(C)Phone Arena

台湾でXperia XZが予約開始後45分で売り切れたという嬉しい話題の後は、Xperia XZを心待ちにしている人には少し残念な話題です。

スマホで最も重要視されると言っても過言ではない、バッテリー持ちですが、Phone ArenaでXperia XZのバッテリー持ちテストをしたところ、残念な結果が出ました。

バッテリーテストは、バッテリーライフと充電時間の両方に対して行われました。

それでは、バッテリーテストの結果を見てみましょう。

バッテリーライフテスト

まずは、バッテリーがどれくらい持つか、というバッテリーライフテストから。

Xperia XZのバッテリーライフテスト

(C)Phone Arena

昨年から今年にかけて発売されたスマートフォンと比較していますが、最も最近発売になったiPhone7を大きく下回るだけでなく、昨年発売されたiPhone6sよりも下回ります。

同じAndroidスマートフォンで見ると、Galaxy S7 edgeが最も長く、7時間18分となっているのに対し、Xperia XZは6時間41分と37分も下回る結果となってしまいました。

Xperia XZもバッテリー対策はされているのですが、これは恐らくトリプルセンサーとなったカメラ性能向上のための弊害ではないかと思われます。

どうしても性能が向上するとその分バッテリー持ちは短くなります。

最も、そのためにバッテリー対策を行っているのですが、それでは追いつかなかったということでしょうか。

スポンサードリンク

バッテリー充電時間

次は、バッテリー充電する時間を計測したものです。

Xperia XZのバッテリー充電時間

(C)Phone Arena

こちらは、なんと充電完了までに一番時間がかかる、という不名誉な結果となってしまいました。

最も充電が早いのがLG G5、ついでGalaxyシリーズが並びますが、Galaxy S7 edge、そしてHTC10など上位機種は全て急速充電可能なものばかりですね。

同じUSB Type-Cを採用していても、急速充電に対応している機種には敵いませんでしたね。

しかし、特に急速充電を謳っていないiPhoneよりも時間がかかるというのはどうでしょうか。

最速のLG G5の76分と比較するとXperia XZは174分と98分も時間がかかることになります。

つまり、Xperia XZを1回フル充電する時間でLG G5は2回フル充電できるということです。

これは、ソニーにはもう少し頑張って欲しかったですね。

Xperia X Performanceと比較してみる

では、前作のXperia X PerformanceとXperia XZのバッテリーを比較してみるとどうなのでしょうか。

Xperia X Performanceのバッテリーテスト結果を見てみましょう。

Xperia XZとXperia X Performanceバッテリーテスト比較

(C)Phone Arena

こちらが、Xperia X Performanceのバッテリーテスト結果です。

表にしてみると、以下のようになります。

Xperia X Performance Xperia XZ
バッテリー持ち 6時間1分 6時間41分
充電時間 129分  174分
バッテリー容量 2,570mAh 2,900mAh

Xperia X Performanceと比較すると、バッテリー持ちは長くなったのですが、充電時間で、まさかのXperia X Performanceより下回るという結果になりました。

しかし、この結果は、単にバッテリー容量の問題ではないか、と思われます。

Xperia XZはXperia X Performanceに比べるとバッテリー容量も若干大きくなっているので、その分バッテリー持ち時間が長くなり、容量が大きくなった分、充電時間に時間がかかり、ということではないかと思われます。

Xperia X Performanceはバッテリー持ちの悪さは散々言われていたので、そこにはもう少し力を入れて欲しかったですね。

source:Xperia BlogPhone Arena

スポンサードリンク

-Xperia XZ
-,