スマホおすすめ情報館

スマートフォンのおすすめ機種や最新機種情報のスマホ情報サイトです。iPhone、Androidのスペックからはもちろん自分の使い道にあった最適なスマホが見つかります。ドコモやau、ソフトバンクの大手キャリアはもちろんSIMフリー端末情報もチェックできます。

デュアルSIMのMoto G4 PlusとZenfone3を比較!どちらが買い?

まもなく発売となるMoto G4 PlusとZenfone3。

Moto G4 PlusもZenfone3もLTE+3Gのデュアルスタンバイ可能なデュアルSIMデュアルスタンバイスマホです。

価格帯も同じこの両機種を徹底的に比較してみたいと思います。

スポンサードリンク

Moto G4 PlusとZenfone3の比較

Moto G4 PlusとZenfone3徹底比較

まずは、Moto G4 PlusとZenfone3の比較動画をご覧下さい。

Moto G4 PlusとZenfone3のスペックを見ていきましょう。

Moto G4 Plus Zenfone3(ZE552KL)
ディスプレイ 5.5インチ 1080×1920ピクセル FHD 5.5インチ 1920×1080 FHD
サイズ 152×76.5×7.87mm 152.59x77.38x7.69mm
重さ 157g 155g
OS Android6.0(Android7.0へのアップデート対応有) Android6.0
CPU Snapdragon 617(オクタコア 1.5GHz) Snapdraton625
RAM 2GB/3GB 3GB/4GB
容量 16GB/32GB(最大128GBまで拡張可能) 32GB/64GB
カメラ 1600万画素/500万画素 1600万画素/800万画素(ソニーセンサー使用・光学手ぶれ補正)
バッテリー 3,000mAh 3,000mAh
その他機能 撥水コーティング、Bluetooth 4.2、microUSB、指紋センサー Bluetooth 4.2、USB Type-C2.0×1、指紋センサー
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n 802.11 b/g/n/ac
対応周波数帯 4G:FDD 1/3/5/7/8/19/20/28
TD 40
3G:W-CDMA 1/2/5/8/19
4G:FDD 1/2/3/5/7/8/18/19/26/28
TD 38/39/40/41
3G:W-CDMA 1/2/5/6/8/19
SIMスロット SIM1 MicroSIM + SIM2 MicroSIM SIM1 MicroSIM + SIM2 NanoSIM
NanoSIMスロットはMicroSDスロットと兼用
価格 35,800円(一括払/DMM) NT$ 9,990(約3.2万円)

同価格帯ながら、スペックに差があるのではないでしょうか。

それでは、気になる項目を1つずつ見ていきましょう。

CPUとメモリ/容量

CPUはMoto G4 PlusのSnapdragon617に対し、Zenfone3はSnapdragon625を搭載。

また、メモリですがMoto G4 Plusは上のモデルでも3GBで容量32GBとなりますが、Zenfone3は上のモデルでは4GB/64GBとなります。

CPUとメモリに関してはZenfone3の方が良いと言えます。

CPUとメモリに差があるので、ベンチマークなどはZenfone3の方が高い数値がでるはずです。

体感速度的にはどのくらいの差が出るのかは不明です。

カメラ性能

カメラもメインカメラは両機種ともに1600万画素ですが、インカメラがMoto G4 Plusは500万画素なのに対し、Zenfone3は800万画素となります。

画素数だけでなく、Zenfone3はソニーのセンサーを登載し、光学手ぶれ補正機能も搭載となっています。

Zenfone3はカメラに力を入れた機種となるので、スマホで写真を撮ることが多い人はZenfone3の方が向いていますね。

Wi-Fiと対応周波数帯

Zenfone3はWi-Fi 802.11 ac(5GHz帯)対応となっているため、Wi-Fi下でスマホを使用する人には802.11 ac対応というのは嬉しいですね。

また、周波数帯に関しても、4G/3G共にZenfone3の方が対応周波数帯が多くなっています。

ただし、Moto G4 Plusは対応周波数帯は少ないものの、ドコモのLTEのバンド19に対応となっているので、格安SIM(MVNO)でも問題ないとは思うのですが。

ただ、海外へ行った際はZenfone3の方が幅広く使えますね。

スポンサードリンク

SIMカードスロット

Moto G4 Plusは純粋にSIMカードを2枚挿すことが出来ますが、Zenfone3は1枚はMicro SDスロットと兼用しているため、Micro SDカードを使用するとSIMカードは1枚しか挿すことができません。

なので、外部拡張を行う人にはデュアルSIMの恩恵を受けることができない、ということになります。

SIMカードを2枚使い分けることはない、という人はZenfone3でも構いませんが、SIMカードを使い分けたいという人にはMoto G4 Plusの方が向いています。

この点に関しては、SIMカードの使用方法やSDカードでの拡張をするかどうかになります。

その他機能

その他機能として、Moto G4 PlusもZenfone3も指紋認証機能はありますが、充電コネクタがMoto G4 PlusはMicro USBで、Zenfone3は最近のハイエンドモデルと同じくUSB-Type C搭載となります。

しかし、Moto G4 Plusは完全防水ではないものの、撥水コーティングされているのに対し、Zenfone3は防水に関する機能は一切ありません。

水仕事の多い女性には撥水コーティングされているMoto G4 Plusの方が良いかもしれません。

Moto G4 PlusとZenfone3の良い点悪い点

どんなスマホにも弱点というのはあるものです。

スマホを選ぶ際には、最終的に「自分がどんな使い方をするか」が重要になってきます。

なので、最後にMoto G4 PlusとZenfone3は、それぞれどんな人に向いているかまとめてみました。

Moto G4 Plusが向いている人

Moto G4 Plusが向いている人

(C)DMMモバイル

どんな人がMoto G4 Plusが向いているでしょうか。

  • 2枚のSIMカードを常時使い分けたい人
  • 水仕事の多い人
  • モトローラのスマホを使ってみたい人

Zenfone3が向いている人

ZenFone3

Zenfone3の方が向いている人はどんな人でしょうか。

  • CPUやメモリ、容量といった基本スペックは少しでも高い方が良い人
  • スマホで写真を撮ることが多い人
  • デュアルSIMにこだわらない人
  • メタリックな高級感が欲しい人
  • ASUSが好きな人

まとめ

同価格帯でデュアルスタンバイ可能スマホという大きな共通点のある、Moto G4 PlusとZenfone3ですが、結構違いがありましたね。

どちらも一長一短あるので、どちらの機種が買いか、というのは一概には言うことはできませんでした。

なので、自分の使う環境や使い方に合わせて選ぶと失敗がないと思います。

また、今話題のポケモンGOですが、Moto G4 PlusとZenfone3ともにポケモンGOのプレイが可能となっています。

今回の記事に関連する記事:

Moto G4 Plusのスペックと海外実機レビューを画像と動画で見る

Zenfone3の一部が本日より台湾で発売開始!Ultraは29日。Deluxeは未定

日本でも発売!Zenfone3シリーズのスペックと国内価格と販売日は?

スポンサードリンク

-SIMフリースマホ, Zenfone3
-, , ,