スマホおすすめ情報館

スマートフォンのおすすめ機種や最新機種情報のスマホ情報サイトです。iPhone、Androidのスペックからはもちろん自分の使い道にあった最適なスマホが見つかります。ドコモやau、ソフトバンクの大手キャリアはもちろんSIMフリー端末情報もチェックできます。

2017年はiPhone7sとiPhone8の2ラインが発売される?!iPhone7sはローエンドからミドルレンジに

2017年はiPhone7sとiPhone8の2ラインが発売される?!iPhone7sはローエンドからミドルレンジに

2017年に発売されるiPhone。

今まで、iPhone8として3つのモデルが出ると言われていましたが、iPhone8は1モデルで残り2モデルはiPhone7sとなる、という情報が出てきました。

スポンサードリンク

2017年はiPhone7sとiPhone8の2ライン展開

Appleの情報でおなじみの、KGIアナリスト・Ming-Chi Kuo氏によると、2017年はLCDディスプレイ搭載のiPhone7sとOLEDディスプレイ搭載のiPhone8が発売されると予想しています。

今までの情報だと、iPhone8は、4.7インチ、5.5インチ、5.8インチの3モデルで、5.8はプレミアムとなりOLEDディスプレイ搭載と言われていました。

しかし、本日明らかとなった情報では、4.7インチと5.5インチのLCDディスプレイ搭載でガラスバックのiPhoneはiPhone7sとなり、プレミアムとされていたOLEDディスプレイ搭載モデルはiPhone8として発売されると言います。

Ming-Chi Kuo氏によると、4.7インチのiPhone7sはローエンドまたはミドルレンジとなり、5.5インチのiPhone7s PlusはiPhone7sとiPhone8の間でどっちつかずで、価格が値下げされるかもしれない、と言います。

また、iPhone7sとiPhone8の出荷割合は、2017年の新モデルのうち30〜35%がiPhone7sとなり、50〜55%がiPhone8になるとのことです。

そして、気になるデュアルカメラ搭載となるのは、iPhone7s PlusとiPhone8ということです。

ここで思い出したのが、iPhone SEの後継モデルが2017年4月までに発売されることはない、という予想がありましたが、もしかしたら、iPhone SEの後継モデルは出ない可能性もありますね。

デザイン大幅刷新はiPhone8のみ?

これまで、iPhone8はベゼルレスでホームボタン廃止とされていましたが、今回の情報によると、iPhone8はベゼルレスの5.8インチで有効画面エリアは5.2インチと従来の予想と同じでしたが、LCDディスプレイ搭載のiPhone7sに関してはデザインの情報がありません。

ということは、iPhone7sはiPhone7の流れを汲み、iPhone8のみが大幅刷新される可能性が出てきました。

また、2017年に発売されるiPhoneはワイレヤス充電対応となるために、ガラスボディになると言うことです。

iPhone7sとiPhone8の製造

2017年に発売されるiPhoneの製造について、Ming-Chi Kuo氏は、iPhone7sはPegatronが、iPhone8はFoxconnが担当するといいます。

そして、iPhone7s PlusはWistronが担当ということですが、iPhone7s Plusは2017年に発売されるiPhoneのうち、iPhone全体の10~15%程度にとどまるとしています。

なので、出荷台数としては、iPhone8が一番多く、次いでiPhone7s、そしてiPhone7s Plusということになります。

iPhone7シリーズでは、話題のデュアルカメラ搭載がiPhone7 Plusだったことから、iPhone7 Plusが多く出ましたが、iPhone7s Plusは微妙な立ち位置となるため、台数を少なくするのかもしれませんね。

 

 

2017年発売のiPhoneが、少しややこしくなりそうですが、正当進化はiPhone8という位置づけになるのでしょうか。

今後の情報が気になりますね。

sauce:Apple Insider

今回の記事に関連する記事:

iPhone8のOLEDディスプレイ搭載は5.8インチプレミアムのみ!ただし有効画面エリアは5.2インチ程度

2017年のiPhone8予想!前・背面強化ガラスで光沢のあるデザインに

2017年発売のiPhoneはガラス製でエッジ周りはメタルフレームでデザイン刷新?

スポンサードリンク

 

-iPhone8
-, ,