【更新】iPhone7は買いか?iPhone6sと比較してiPhone7をスルーする4つの理由!こんな人は買い!

連日、iPhone7の新情報が飛び交っていますね。しかし、「iPhone7は本当に買いなのか?」と考える人もいると思います。

そんな中、Mobile Pickerが、「iPhone6s VS iPhone7:2016年のiPhoneをスルーする4つの理由」という記事があったのでご紹介します。

スポンサードリンク

iPhone7のタッチセンサー搭載画像が流出!

「iPhone7をスルーする4つの理由」の前に、本日流出された、タッチセンサー搭載のiPhone7の画像をご紹介します。

流出元は中国のMyDriversというサイトで、下記の画像です。

タッチセンサーを登載したiPhone7の画像が流出

(C)Mobile Picker

タッチセンサーを登載したiPhone7の画像が流出

(C)Mobile Picker

「iPhone7はタッチセンサー搭載になるのでは?」という噂は出ていたので、タッチセンサー搭載になるのか、というのはそれほど目新しい情報ではありません。

しかし、なんだか怪しげな画像ですよね。

そして、iPhone7に搭載されるiOS10は、iPhone Hellasによると、「slide to unlockからPress home to unlockに変更」とも言われている。

この件について、Apple系ブログの『gori.me』では下記のように述べられています。

引っ掛かるのは「Press」という表現を使用している点。もし言葉の意味に忠実に実装するのであれば、物理的に押すことができないボタンであれば「Hold」という表現の方が適しているようにも思える
By gori.me

この点に関して、管理人も同意見です。

スポンサードリンク

iPhone6sと比べてiPhone7をスルーすべき4つの理由

それでは、「iPhone6s VS iPhone7:2016年のiPhoneをスルーする4つの理由」をご紹介したいと思います。

iPhone7/7Proのディープブルーのコンセプト画像

(C)Martin Hajek

iPhone7は新デザインではない

これは、以前Appleが「iPhone7は外観的に大きな変化はない」と言っていたので確かですね。

先日、『これがiPhone7/iPhone7 Proのディープブルーだ!コンセプト画像をご紹介』や『iPhone7とiPhone7 Proの3D画像!スペースグレイ廃止で新色としてディープブルーが追加?』でご紹介した画像を見てもiPhone6sやiPhone6s Plusと外観的にはほとんど変わりません。

古いiPhoneを使用している人は別ですが、iPhone6やiPhone6 Plus以降を持っている方には、iPhone7というのは変化のない機種ということになります。

ハードウェアに大きな変化がない

スペック的に見ても、iPhone7 Proではメモリは3GBと言われていますが、無印のiPhone7はiPhone6sと同じくメモリは2GBのままです。

容量も256GBが登場するとは言われていますが、iPhone7ではなく、iPhone7 Proです。

もちろん、CPUはA9からA10にアップしますが、それにしてもハードウェアのスペックにも大きな変化はありません。

外観もあまり変わらず、ハードウェアもあまり変わらない。

そうなると、確かにiPhone7の魅力は半減されてしまいます。

iPhone7 Pro Plusなら買いの理由もあり?

上記の2つの理由は、あくまでも、無印の”iPhone7″です。

しかし、iPhone7と一緒に出るiPhone7 Pro Plusはどうでしょうか?

もちろん、iPhone7 Pro Plusも外観的にはiPhone6s Plusとほとんど変わりません。

ですが、iPhone7 Pro Plusは256GBという大容量モデルも出ると言われています。

また、カメラもデュアルカメラ搭載でスマートコネクター搭載になるとも言われています。

6月16日追記:当初、iPhone7 Proはデュアルカメラ搭載と言われていましたが、Foxconnによると、技術的な問題から、デュアルカメラは見送りになる見込みとのことです。

デュアルカメラはiPhone7 Proの目玉でもあったので、もし本当に見送りになった場合は、iPhone6s Plusとの差はスマートコネクターのみとなります。

そうなると、iPhone7 Proも買いにはなりませんね。

9月10日追記:噂通りiPhone7 Plusはデュアルカメラ搭載となりました。しかし、搭載されると言われていたスマートコネクターに関しては搭載されませんでした。

iPhone8は最良のアップグレードになる

iPhone8が出る2017年はAppleがiPhoneを発売して10周年という記念すべき年に当たります。

また、iPhone10周年というのを抜きにしても、iPhoneは3年ごとに大きく変化しています。

そんな2つの理由が重なり、iPhone8はそれにふさわしく大きく変わると言われています。

実際、iPhone8は、高解像度・低消費電力の湾曲した有機ELスクリーンになると言います。

それだけでなく、更に薄く、ボディーも全面ガラス仕上げとなり、物理的ホームボタンがなくなり、画面でのタッチセンサーで、ワイヤレス充電になる、と言われています。

どうですか?iPhone7と比べて、iPhone8は現在のiPhone6sと比べ全く別物ですよね。

なので、現在iPhone6sを使用していないのであれば、iPhone7を待たずにその分安くなるiPhone6sを購入し、iPhone8を待った方が有意義だと言えます。

iPhone7が買いな人

上記では、「iPhone7をスルーする4つの理由」を述べました。

それでは、iPhone7が買いな人とはどんな人でしょうか?

9月10日追加有

  1. iPhone5s以前の古い機種を使っていて、2017年まで待てない
  2. iPhoneマニアで毎シーズン買い換えている人
  3. Apple Pay及びおサイフケータイ機能を使いたい人 (9月10日追加)

と考えます。

もちろん、iPhone7 Proはその限りではありません。

先ほども述べましたが、iPhone7 Proはデュアルカメラ搭載でスマートコネクター搭載になり、容量も256GBが出ると言われています。

この3つの点に魅力を感じる人はiPhone7 Proなら買いだと思います。

しかし、それがないiPhone7はやはりあまり魅力的ではないと言えますね。

6月16日修正:iPhone7はあまり魅力的ではないけれど、iPhone7 Proならデュアルカメラ・スマートコネクター搭載で256GBが出ると言われているので、この3点に魅力を感じる人はiPhone7 Proなら買い、と言いましたが、技術的な問題からデュアルカメラ搭載が見送られる可能性が出て来ました。

もちろん、まだ真偽のほどは明らかではありませんが、もし本当にデュアルカメラが見送りになると、iPhone7 Proの魅力もスマートコネクター搭載で256GBがあるというだけになってしまうので、iPhone7 Proもあまり買いにはなりませんね。

9月10日修正:見送られると思っていたデュアルカメラは搭載となりましたので、デュアルカメラとなったiPhone7 Plusなら”買い” と言えます。

また、まさかのApple Pay&おサイフケータイ機能がiPhone7/7 Plusともに搭載となったので、おサイフケータイを使用したい人は、”iPhone7でも買い” と言えます。

ただし、iPhone7 Plusに搭載されると言われていたスマートコネクターは搭載されませんでした。

source:Mobile Picker

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする