iPhone7はForce Touch採用?ヘッドホンはLightning接続EarPod?

9月発売予定のiPhone7ですが、情報のリークが止まりません。

そのiPhone7(この名称かも不明ですが)のホームボタン情報と同梱されるEarPod端子形状についての情報がありましたので、お届けします。

スポンサードリンク

iPhone7はForce Touch採用?

iPhone7はForce Touch採用?

(C)Phone Arena

以前から、噂されているiPhone7のホームボタン問題。

一時期はホームボタンがなくなる、などという情報もありましたが、Business Insiderによると「iPhone7はForce Touchホームボタンが採用されるのではないか」と報じています。

Force Touch(フォースタッチ)は感圧タッチとも言います。

では、このForce Touchホームボタンとはどんなホームボタンなのでしょうか?

Force Touchホームボタンの仕組みとメリット

Force Touchホームボタンは、3Dタッチテクノロジーを使用したもので、現在iPhoneで使われている物理的に “押す” ホームボタンと違い、ホームボタンに触れることでホームボタンを押したような反応を返す仕組みとなっています。

触れただけで、ホームボタンを押したのと同じことになるので、ホームボタンへの負担が軽減されます。

iPhoneを使っている方はわかると思いますが、iPhoneのホームボタンというのは1日に何回も押すところです。

そのため、長期間使っているとホームボタンが陥没してしまったりして、反応しなくなったりすることがあります。

ホームボタンが反応しなくなる原因は、ホームボタンの故障だけでなく様々な原因がありますが、ホームボタン裏側にある金属が劣化してホームボタンが陥没してしまう、といったハード的な故障ももちろんあります。

iPhoneではホームボタンが壊れてしまうと、操作ができなくなってしまうので死活問題ですよね。

現在、Appleのジーニアスバーにホームボタン故障で持ち込まれる件数も多いとのことです。

では、ホームボタンが故障した場合の修理費用と言うのはいくらくらいなのでしょうか?

保証期間内であれば無料ですが、保証期間が切れてしまっている場合は、22,800円と言われており、iPhone修理専門店では5,000円から10,000円程度となります。

かなり高いですよね。当然、修理に出している間はiPhoneが使えない訳ですし、本当に困りますね。

しかし、このホームボタンが物理ボタンではなく、Force Touchホームボタンに変わると、外見的には変わりがなくとも実際に押されることがなくなるので、ホームボタンの故障というのが減ります。

これはユーザーにとっても嬉しいし、Appleのジーニアスバーにとっても負担が減るのではないでしょうか?

Force Touchホームボタンは、双方にとってメリットがあると言えますね。

ただし、ホームボタンがForce Touchホームボタンに変わった場合、現在、iPhoneを強制終了にホームボタンを押していますが、その方法が何か別のボタンを押すことになると思われます。

また、スクリーンショットを撮る時にもホームボタンを押していますが、これに関しては電源が入った状態なので、従来通りで大丈夫なのか、それともやはり別の操作方法になるのかはわからないですね。

しかし、このForce Touchホームボタン搭載は、現在、AppleのMacBookやMacBook Proで搭載されていることから、iPhone7で搭載されても不思議ではないと言えます。

スポンサードリンク

iPhone7のEarPodはやはりLightning端子になる?

iPhone7はやはりLightning端子のEarPod?

(C)Phone Arena

iPhone7でデュアルカメラと共に注目を浴びているのが、3.5mmイヤホンジャック廃止です。

最近の画像リークでみるiPhone7には、3.5mmイヤホンジャックのないパーツ画像が多数出ています。

そして、本日、中国のSNS・WeiboにLightning端子のEarPodの画像が掲載されました。

上記の画像がそうですが、確かに3.5mmイヤホンジャックではなく、先がLightning端子になっていますね。

なので、イヤホンジャックがないのならば、この画像のようにLightning端子のEarPodということになるのでしょうか?

この件について、情報を報じた9to5Macは、「Lightning端子部が異様に厚いこと、また以前にも似たような画像が出たこともあり、このような画像はPhotoshopで簡単に合成できる」と述べています。

確かに、最近9to5Macが報じた情報では、「3.5mmイヤホンジャックのEarPodが同梱され、イヤホンジャック変換アダプタが同梱される」と言っています。

もし、変換アダプタが同梱されるのであれば、3.5mmイヤホンジャックのEarPodが同梱されても、iPhone7本体はイヤホンジャックが廃止になっても矛盾点は出て来ません。

iPhone7で、3.5mmのイヤホンジャックが廃止となるのは濃厚な感じがしますが、付属のEarPodに関してはLightning端子となったEarPodが同梱になるのか、従来の3.4mmイヤホンジャック端子となるのかは、やはりハッキリしないままですね。

ただし、3.5mmイヤホンジャックが廃止となった場合、以前から噂されている「iPhone7は防水仕様になる」という可能性も高くなってくるのではないか、と思われます。

source:Business Insider9to5Mac

今回の記事に関連する記事:

【訂正有】iPhone7はLightningヘッドホンジャックアダプタ同梱!デュアルカメラも!

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コード スニペットをコピー