iPhone6sのバッテリー不具合の原因は製造中に長時間空気にさらされたため

iPhone6sのバッテリー不具合の原因は製造中の空気露出

iPhone6sの突然電源が落ちる件で、一部iPhone6sのバッテリー交換プログラムが始まっていますが、その理由をAppleが明らかにしました。

スポンサードリンク

iPhone6sのバッテリー不具合は製造中の空気露出が原因

iPhone6sのバッテリー不具合の原因は製造中に長時間空気にさらされたため

(C)中国Apple

iPhone6sにて、バッテリーが残っているにも関わらず端末が突然落ちる不具合に対し、一部端末ではあるものの、Appleが修理プログラムを発表して10日が経ちますが、その原因については明らかになっていませんでした。

しかし、昨日、中国AppleのサイトにてiPhone6sのバッテリー不具合問題の理由について明らかにしました。

Appleによると、「2015年9月〜10月に製造されたiPhone6sはバッテリーパックが組み立てられる前に、通常より長い時間空気にさらされていたため、通常のバッテリーより劣化が早く、予期せぬシャットダウンが起きるようになっているが、安全性に問題はない」としています。

というのも、iPhoneは低電圧から端末を保護するために、いくつかの条件下で自動的にシャットダウンするように設計されているそうです。

これって、工場側の製造管理不行き届きですよね。

大体、なぜその期間の製造端末のみ長時間空気にさらされたのか。

長時間空気にさらされたのは、本当にiPhone6sの2015年9〜10月製造分だけだったのか。

そして、原因を明らかにするのであれば、中国Appleだけでなく、全世界のApple公式サイトで発表すべきではないでしょうか。

恐らく、中国の消費者協会がiPhone6sの他ロットやiPhone6、iPhone6 Plusなどでも同様の不具合が出ていることから追加調査を要求していること、また最近中国内でのiPhoneの売上の低迷といったことがあるためとは思いますが、それでも本来は各国のApple公式サイトで発表すべき問題です。

Apple公式サイトで対象機種か確認可能に

iPhone6sのバッテリー不具合の原因は製造中に長時間空気にさらされたため

(C)日本Apple

iPhone6sのシャットダウン不具合修理プログラムは、今まで日本語のサイトはなく、また対象機種かどうかはApple StoreやAppleサポートなどにて確認しないとわかりませんでした。

日本語のサイトがないのは、日本人ユーザーにとっては不便でしたし、対象機種か調べるのにわざわざ問い合わせないといけないというのは不便でした。

筆者もAppleサポートに電話をして確認をしました。

しかし、やっとシャットダウン不具合修理プログラムの日本語サイトが公開され、またサイト上でシリアルナンバーを入力することで対象機種かどうか確認できるようになりました。

対応が遅いと思うのですが、きっとApple StoreやAppleサポートがいっぱいいっぱいになってしまったんでしょうね。

対象機種かは下記にて調べることができます。

iPhone6sシャットダウン問題プログラム

この交換プログラムにより、iPhone6sのバッテリー在庫は深刻となっているため、今現在シャットダウンがたまにだから、と言って放置していると筆者のようにある日いきなり酷くなるので、早めに申し込むことをおすすめします。

sauce:中国Apple via AppleInsiderQUARTS

今回の記事に関連する記事:

iPhone6sのシャットダウン不具合は突然悪化の可能性有り!その他iPhoneでも同様の不具合あり

AppleがiPhone6sの突然落ちる不具合の修理プログラムを開始!

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コード スニペットをコピー