スマホおすすめ情報館

スマートフォンのおすすめ機種や最新機種情報のスマホ情報サイトです。iPhone、Androidのスペックからはもちろん自分の使い道にあった最適なスマホが見つかります。ドコモやau、ソフトバンクの大手キャリアはもちろんSIMフリー端末情報もチェックできます。

【更新有】Galaxy Note7の非エッジスクリーンの実機画像がリーク!虹彩認証は早い!

8月2日にニューヨークで発表されるGalaxy Note7。

そのGalaxy Note7の画像がリークされ、やはりディスプレイはデュアルエッジと非エッジスクリーンの2モデルかと予想されます。

また、Galaxy Note7の虹彩認証は認証スピード次第で、場合によってはユーザーを失望させる、とアナリストが評しています。

7/22追記 その後、虹彩認証の動画が発表されたので、動画もご覧下さい。

スポンサードリンク

Galaxy Note7のエッジスクリーン画像と非エッジスクリーン画像がリーク

ディスプレイ形状に関する情報が多く飛び交うGalaxy Note7。

Galaxy Note7はかねてから、デュアルエッジディスプレイと非エッジのフラットタイプディスプレイの2モデルがリリースされる、と噂されており、実際にSM-N930とSM-N935という2つの型番が発見されています。

サムスンの招待画像から、エッジスクリーンが出るのは確かですが、非エッジのフラットタイプディスプレイに関しては様々な情報が飛び交っていました。

そんな中、エッジディスプレイと非エッジのフラットタイプディスプレイの画像がリークされました。

それでは、それぞれの画像を見ていきましょう。

Galaxy Note7のブラックとブルーの画像

まず最初にリークされたのは、Blue Coral(ブルーコーラル)と言われるカラーです。

Galaxy Note7のブルーコーラルのレンダー画像

(C)Evan Blass

このBlue Coral(ブルーコーラル)の画像はEvan Blass氏によるものです。

これはレンダリング画像ということですが、まるで本物のような画像ですね。

エッジスクリーン、Sペン、USB-Type Cであることが確認できます。

そして、次にリークされたのが、Black Onyx(ブラックオニキス)です。

これがGalaxy Note7のBlack Onyxだ!

(C)TECH DROIDER

シックで落ち着きのある色ですね。男性に人気が出そうな色ですね。

Galaxy Note7の非エッジスクリーンの実機画像

次にリークされたのは、非エッジスクリーンの実機画像です。

Galaxy Note7の非エッジスクリーン実機画像

(C)nowhereelse.fr

Galaxy Note7の非エッジスクリーン実機画像

(C)nowhereelse.fr

センサーを見るとGalaxy Note7であると思われる機種の非エッジディスプレイですね。

スポンサードリンク

ただ、これだと確実にGalaxy Note7であるとは言い切れない部分もあるのですが、ハッキリGalaxy Note7であるとわかる非エッジスクリーンの実機画像もweiboでリークされています。

Galaxy Note7の非エッジスクリーン実機画像

(C)weibo

ディスプレイに確かに「Galaxy Note7」と出ています。

Galaxy Note7の非エッジスクリーン実機画像

(C)weibo

Galaxy Note7の非エッジスクリーン実機画像

(C)weibo

先ほどのnowhereelse.frの画像ではSペンやUSB-Type Cが確認できませんでしたが、こちらの画像ではSペン、USB-Type Cが確認出来ます。

これは、確かにGalaxy Note7と言えますね。

非エッジディスプレイとデュアルエッジディスプレイ、2モデルの画像。

となると、やはり名称はGalaxy Note7とGalaxy Note7 edgeとなるのでしょうか。

Galaxy Note7の虹彩認証はスピード次第

Galaxy Note7では虹彩認証が搭載されることが明らかになっていますが、韓国のKorea Heraldによると、認証スピード次第ではユーザーを落胆させるのではないか、というアナリスト予想が報じられています。

虹彩認証搭載となるスマートフォンはGalaxy Note7が初めてではありません。

アナリストは、この件に対し、「サムスンはGalaxy Note7が虹彩認証搭載したことを消費者にうまくアピールすることに成功した」と評しながらも、「それは使いやすさと実用性を持っていなければ失敗する」としています。

その理由として、過去に虹彩認証を搭載したスマートフォン2機種のロック解除時間をあげています。

まず、2015年5月に富士通がARROWS NX F-04Gにて「Iris Passport」と呼ばれる虹彩認証を搭載したスマートフォンをリリースしています。

富士通のARROWS NX F-04Gは0.6秒で認証解除されるそうです。

しかし、今年初めに、中国のTCLがTCL 560で「eye verify」という虹彩認証搭載スマートフォンをリリースしましたが、こちらは認証するのに3秒かかるそうです。

0.6秒ではユーザーにとってストレスとはなりませんが、ロック解除に3秒かかったら、確かにユーザーにとってはストレスとなります。

虹彩認証はそれでなくとも光に弱いなどのデメリットがありますから、それでさらにロック解除に時間がかかった場合はユーザーは虹彩認証をスルーします。

それでは、その虹彩認証は失敗した、ということになります。

ですので、厳しい意見ではありますが、確かに「ロック解除されるまでの時間の早さが成功の鍵」となりますね。

7月22日更新:Galaxy Note7の虹彩認証の動画がリークされましたのでご紹介します。

認証は早いようですね。これなら、虹彩認証搭載成功となるのではないでしょうか。

source:@evleaksTECH DROIDERnowhereelse.fr via SLASH GEARweiboKorea Herald via Phone ArenaPhone Arena

今回の記事に関連する記事:

Galaxy Note7・SM-N930Vのベンチマーク!SM-N935はedgeモデル?!

【修正有】Galaxy Note7のディスプレイはエッジのみ!フラットタイプはナシ!

【修正有】Galaxy Note7のディスプレイはエッジタイプとストレートの2機種?型番がリーク!

Galaxy Note7のディスプレイはやはりエッジタイプのみ!? 7月から生産開始!

【修正有】Galaxy Note7は8月2日に発表!エッジ部に書くことも可能に!

Galaxy Note7にはGalaxy Note7 edgeが存在?デュアルカメラ搭載?

スポンサードリンク

 

-Galaxy Note7
-,