【修正有】Galaxy Note7のディスプレイはエッジのみ!フラットタイプはナシ!

8月2日に発売 発表となるGalaxy Note7のディスプレイ形状について、最近は情報が入り乱れていますね。

本日もGalaxy Note7のディスプレイ形状についての情報なのですが、韓国メディアが「フラットタイプディスプレイは出さない」と報じました。

スポンサードリンク

Galaxy Note7はフラットタイプディスプレイはナシ

Galaxy Note7はフラットディスプレイはナシ!

(C)SLASH GEAR

Galaxy Noteシリーズは初代Galaxy Noteから始まり、現在出ているGalaxy Note5まで、Galaxy Note Edgeを除き、全てフラットタイプのディスプレイを採用しています。

しかし、今回のGalaxy Note7は『Galaxy Note7にはGalaxy Note7 edgeが存在?デュアルカメラ搭載?』で、エッジタイプが出るのでは?という情報が出てから、エッジタイプのみなのでは、という情報も出ました。

ですが、その後『Galaxy Note7のディスプレイはエッジタイプとストレートの2機種?型番がリーク!』でGalaxy Note7の型番がリークされてから、デュアルエッジディスプレイと従来通りのストレートなフラットタイプディスプレイの2種類が出るのでは?という流れになりました。

サムスンの公式サイトからリークされた型番は現在のところひとつですが、Zaubaのデータベース上には、Galaxy Note7の亜種と思われる型番が掲載されており、2種類出るのが濃厚かと思われました。

しかし、本日、SLASH GEARが「韓国のKorea Heraldが “Galaxy Note7はフラットモデルを出さない”」と報じている、としました。

Korea Heraldは韓国の夕刊紙・文化日報よりの引用となっていましたので、情報元である文化日報を確認しましたところ、確かに「Galaxy Note7はフラットタイプディスプレイは出さない」と報じていました。

以下がその文章となります。

특히 삼성전자는 이번 행사를 통해 플랫 모델은 선보이지 않는 것으로 알려졌다.

via 문화 일보

韓国語なので、わからない方もいるかと思いますが、直訳すると「特に、サムスン電子が今回フラットモデルを出さないことがわかった」となります。

スポンサードリンク

文化日報によると、「Galaxy Note7でフラットタイプディスプレイが出ない代わりに、Galaxy S7リオオリンピックエディションが登場する可能性が高くなった」ということです。

また、これにより、サムスンは今後、デュアルエッジディスプレイをGalaxyスマートフォンのアイデンティティとしていくのではないか、と分析しています。

その理由として、現在発売されているスマートフォンの中では、フラットタイプディスプレイばかりで、デュアルエッジディスプレイを採用しているところがないことをあげています。

確かに、現在発売されているスマートフォンの中では、デュアルエッジどころかエッジディスプレイも珍しいですよね。

スペックはどんどん上がって来ていますが、ディスプレイ形状は昔ながらのフラットタイプディスプレイのみです。

フラットタイプディスプレイでないスマートフォンというと、来年発売予定のAppleのiPhone8が曲面ディスプレイになるのでは?と言われているくらいです。

なので、厳しいスマートフォン市場で生き残るために、サムスンがデュアルエッジディスプレイに力を入れていくというのは容易に想像できます。

また、サムスンはリオオリンピックの公式パートナーに選ばれていますが、韓国内でリオオリンピックの公式パートナーに選ばれているのはサムスンのみということから、8月5日に開幕となるリオオリンピックまでにGalaxy Note7とGalaxy S7リオオリンピックエディションの販売に集中するだろう、とも予想しています。

ただし、報じているのが文化日報なので、管理人的にはどこまで信頼できるか?という疑問があります。

文化日報は夕刊紙で、過激な内容や表現が多いことで有名なメディアです。

そして、記憶に新しいところでは、セウォル号沈没事故で誤った情報を報道し、大きな影響を与えたこともあります。

なので、今回のこの情報もどこまでが信頼できるのか、正直疑問です。

Galaxy Note7のデュアルエッジとGalaxy Note Edgeの違い

Galaxy Noteと名のつくモデルでエッジタイプと言われるのは、2014年に発売されたGalaxy Note Edgeがあり、これが、ディスプレイがカーブした初めてのモデルとなります。

しかし、そのGalaxy Note EdgeとGalaxy Note7ではディスプレイのエッジデザインや実装は異なると言います。

Galaxy Note Edgeはエッジ部分がメインディスプレイと独立しており、片方にのみ湾曲していました。

これに対し、Galaxy Note7はエッジがスマートで滑らかになるとのことです。それにより、より高度なエッジディスプレイとなり、外見、機能、ユーザビリティにおいて利点となるということです。

つまり、Galaxy Note Edgeを更に進化させたNoteスタイルがGalaxy Note7と言うことになるようですね。

ディスプレイ形状について、諸説が出ていてはっきりしませんが、スペックに関しては以前から伝えられている通りで変更がないとのことです。

発売に関しても、仮に8月2日が発表のみで終わっても発表から間もない8月上旬には市場発売されると言われているそうです。

source:문화 일보/Daily MunwhaKorea Herald via SLASH GEAR

今回の記事に関連する記事:

Galaxy Note7にはGalaxy Note7 edgeが存在?デュアルカメラ搭載?

Galaxy Note7 edgeと思われる画像と動画がリーク!

【修正有】Galaxy Note7は8月2日に発売!エッジ部に書くことも可能に!

Galaxy Note7のディスプレイはやはりエッジタイプのみ!? 7月から生産開始!

Galaxy Note7のディスプレイはエッジタイプとストレートの2機種?型番がリーク!

スポンサードリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コード スニペットをコピー