スマホおすすめ情報館

スマートフォンのおすすめ機種や最新機種情報のスマホ情報サイトです。iPhone、Androidのスペックからはもちろん自分の使い道にあった最適なスマホが見つかります。ドコモやau、ソフトバンクの大手キャリアはもちろんSIMフリー端末情報もチェックできます。

FREETELがDSDS対応の雷神とKIWAMI2を発表!超期待!

FREETELがDSDS対応の雷神と高スペックなKIWAMI2を発表!

最近、SIMフリースマホがどんどん高スペックになっていく中、FREETELがFREETEL2016年冬モデルとして、DSDS対応の雷神と高スペックなKIWAMI2を発表しました。

スポンサードリンク

FREETEL2016年秋冬モデル発表

国産スマホとして頑張っているFREETEL。他社MVNOと違うのは独自のスマートフォンを打ち出していることです。

そのFREETELが10月6日、2016年秋冬モデルとして、DSDS対応の雷神とKIWAMI2を発表しました。

雷神はDSDS対応、そしてKIWAMI(極)の後継モデルとなるKIWAMI2は、10コアCPU搭載という高スペックさで注目を集めています。

雷神のスペック

FREETELがDSDS対応の雷神と高スペックなKIWAMI2を発表!

(C)FREETEL

OS Android7.0 Nougat
ディスプレイ 5.5インチ 1920×1080ピクセル FHD ゴリラガラス3
本体サイズ 153.0mmx76.0mmx8.7mm
重さ 183g
CPU MT6750T オクタコア Cortex-A53 (4x1.5GHz + 4x1.0GHz)
メモリ 4GB
容量 64GB(microSDによる拡張可能)
カメラ 1600万画素/800万画素
バッテリー 5,000mAh
SIM Micro SIM/nano SIM デュアルスタンバイ可能
USB USB Type-C
センサー GPS搭載 (A-GPS、QZSS対応) 、GLONASS、加速度センサー、近接センサー、光センサー、重力センサー、ジャイロセンサー、e-compass、指紋センサー
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n
価格 29,800円(税抜)

オクタコアのDSDS対応スマホです。

惜しむらくは、CPUがそれほど高スペックなものではないこととWi-FiがIEEE802.11 ac非対応ではないことですが、30,000円を切るスマホとしては仕方ないことだと思います。

そうでなければ、この価格では無理ですからね。

けれど、ディスプレイも決して妥協したものではなく、5.5インチという大画面に1920×1080ピクセルでフルHD。

メモリも4GB搭載でバッテリーは5,000mAhと大容量バッテリーとなります。

ポケモンGOに必要なジャイロセンサーも搭載されています。

しかし、一番はDSDS(デュアルSIM・デュアルスタンバイ)対応ということではないでしょうか。

正確なところはわかりませんが、FREETELのホームページを見ると、SIMカードの欄にmicroSDと兼用となる記載はありませんでした。

そのため、Zenfone3と違い、完全なるDSDS対応機なのではないかと思われます。

スポンサードリンク

KIWAMI2のスペック

FREETELがDSDS対応の雷神と高スペックなKIWAMI2を発表!

(C)FREETEL

OS Android6.0 Marshmallow
ディスプレイ 5.7インチ2560×1440ピクセルWQHD ゴリラガラス3
本体サイズ 157.2mmx77.5mmx7.2mm
重さ 168g
CPU MTK Helio X20 MT6797 10コア
メモリ 4GB
容量 64GB
カメラ 1600万画素/800万画素
バッテリー 3,400mAh
SIM nano SIM×2 デュアルスタンバイ可能
USB USB Type-C
センサー GPS搭載 (A-GPS対応)、GLONASS、Beidou、加速度センサー、近接センサー、光センサー、 重力センサー、気圧センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、e-compass、指紋センサー
Wi-Fi IEEE802.11a/ac/b/g/n
価格 49,800円(税抜)

雷神も高スペックですが、価格が抑えめな分少し残念な点もありました。

しかし、KIWAMI2は雷神より価格がする分、高スペックとなりました。

こちらも、ディスプレイがすごいですね。この価格帯で2560×1440ピクセルでWQHDとなっています。

また、雷神ではWi-FiのIEEE802.11 ac非対応となっていましたが、KIWAMI2ではac対応となっています。

IEEE802.11 acはIEEE802.11 aと同じ5GB対応ですが、acは障害やノイズに強いため、802.11 aでは不安定となってしまう接続も安定して接続することができます。

Wi-Fi環境下でスマホを良く使う人には大きな差が出ます。

そしてKIWAMI2もDSDS対応となっています。microSD非対応機なので、完全なるDSDS機となります。

ただし、容量が64GBなので、写真などで容量が圧迫されがちの方はGoogleドライブなどのクラウドサービスで補う必要がありますね。

かえホーダイで買うとお得

雷神やKIWAMI2はかえホーダイで買うとお得

(C)FREETEL

FREETELは新機種の発表だけでなく、1年に2回までスマホを機種変できる「かえホーダイ(0円スタートプラン)」も発表しています。

パッケージ内容としては、スマホ本体+データ通信・音声通話(60分無料通話有)+PREMIUM保証+データ復旧サービス+SDカード32GB+かえホーダイ、となって、月額2,990円からとなります。

この月額料金は選ぶ機種によって変わってきます。

今回発表された雷神は2,990円からでKIWAMI2は3,990円からとなっています。

半年でスマホが壊れることは滅多にないですが、機械物なので "絶対" ということはありません。

そんな時にデータ復旧が出来て新機種に交換できるのはありがたいですよね。

また、スマホが壊れなくてもどんどん新しいスマホが出てくるので、新しいスマホが欲しい場合でも、かえホーダイなら躊躇なく機種変することが可能です。

まだ詳細は発表となっていませんが、既に申し込みは始まっています。

雷神とKIWAMI2は12月発売なので、かえホーダイで雷神とKIWAMI2を購入するのもいいですね。

sauce:FREETEL

スポンサードリンク

-SIMフリースマホ
-, , ,