Softbank(ソフトバンク)系MVNOがb-mobileとU-mobileから登場!

Softbank(ソフトバンク)系MVNOがb-mobileとU-mobileから登場!

今まで、格安SIM(MVNO)というとドコモ回線が主流で、auが少し、と言った状況でしたが、

本日、b-mobile(日本通信)とU-mobileからSoftbank系MVNOが発表されました。

スポンサードリンク

b-mobileとU-mobileからSoftbank系MVNOが登場!

今まで、ドコモとau回線に押され、なかなか伸びなかったSoftbank系MVNO。

飛騨高山ケーブルネットワークなどと言ったものもありましたが、メジャー系ではありませんでした。

なかなか出ないSoftbank系MVNOでしたが、本日、MVNO大手のb-mobileとU-mobileからSoftbank系MVNOが発表されました。

b-mobile Sが日本通信から登場

まずは、b-mobileが、”b-mobile S” を3月22日より提供開始します。

その名も、「b-mobile S 開幕SIM」

b-mobile Sを使用できる機種は、ソフトバンクのiPhone5以降、ソフトバンクのiPad、iPad2、iPad(第三世代)、iPad(第四世代)、iPad Air、iPad mini、iPad Proのみとなります。

ソフトバンク系回線ではありますが、全てのソフトバンクスマホが利用できる訳ではなく、iPhoneとiPad専用ということですね。

そのうち、Androidスマホも利用できるようになるといいですね。

プランは、1、3、7、30GBの4プランとなります。

2年契約という縛りはないそうです。

U-mobile SがU-Nextから登場

同日発表というのも驚きましたが、こちらはU-Nextから、U-mobile Sが発表されました。

こちらも、明日3月22日からの提供開始となります。

プランは、1、3、7、30GBの4プランです。

事務手数料は3,000円、SIM発行手数料が384円となり、販売は、U-mobileホームページ及びU-NEXTストア、ヨドバシカメラ、ビッグカメラ、PC DEPOT、ピーシーデポスマートライフ店、ZOA、コジマ(一部)、ノジマ(一部)となります。

また、サービス開始記念として、4月30日までにU-mobile S(全プラン対象)に申込み、平成29年6月1日時点で継続利用しているユーザーの中から抽選で10名にiTunesカード10,000円分がプレゼントされるキャンペーンも開催されます。

ちなみに、U-mobile Sが利用できる機種は、iPhone5以降、micro SIM、nano SIMのiPadのみとなります。

こちらも、Androidスマホなどが利用できないのが残念ですね。

b-mobile SとU-mobile Sの価格比較

対応機種が同じのb-mobile SとU-mobile Sの価格を見てみましょう。

b-mobile S U-mobile S
1GB 880円 880円
3GB 1,580円 1,580円
7GB 2,980円 2,980円
30GB 4,980円 4,980円

価格は、U-mobile S、U-mobile Sともに同じですね。

なので、好きな方を使うのが良いのではないでしょうか。

さいごに

同日発表となったb-mobile SとU-mobile S。

プランも価格も、対象機種も全く同じという内容になっています。

今まで、Softbank系MVNOというと、Y!mobileでしたが、Y!mobileは純粋にMVNOとは言えませんでした。

そんな中でのb-mobileとU-mobileの発表です。

今まで、ソフトバンクユーザーがMVNOを使いたい場合は何かと不利となっていましたが、今回の発表はソフトバンクユーザーに嬉しいお知らせとなったのではないでしょうか。

ただ、どちらともiPhoneとiPadのみの対応となっていて、ソフトバンクのAndroidスマホやSIMフリースマホでは使用することができません。

今後の機種拡大に期待ですね。

sauce:日本通信ニュースリリースU-mobileU-mobileニュースリリース(PDF)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする